西武国分寺線、知る人ぞ知る“地味路線"の素顔

ベテラン社員に聞く「日常風景」に隠れた魅力

国分寺線とJR中央線が接続している国分寺駅。この駅を出発した黄色い電車は、しばらくの間JR中央線と並行して走ってから北西に進路を変える。そして東京郊外の住宅地の中を行く。

まあ、なんと言うのか、何の変哲もない住宅地の中の路線である。通勤ラッシュが終わった直後の時間帯ならば乗っている人も少ない。

「恋」にまつわる駅がある

最初に停まる駅は、恋ヶ窪。「恋」の文字がつく駅はここを含めて全国に4カ所しかないということで、数年前に「恋駅プロジェクト」と称する取り組みをやったことがあるという。

ほかの「恋駅」は母恋(室蘭本線)・恋し浜(三陸鉄道)・恋山形(智頭急行)。そのプロジェクトの一環で、恋ヶ窪の駅前にハート形のモニュメントが設けられたという。が、いつの間にやらそれも撤去されている。ホームの壁にうっすらハート形ラッピングの跡が見える程度だ。

次ページ国分寺線は学生の利用が多い
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。