転職では「成長カーブ」をチェックされている

「どこの会社に所属しているか」は関係ない

同期でいちばんの出世頭で24歳で役職になったとか、毎年人事評価が最高評価で年収アップ率が倍増しているとかです。

こういった現時点の職場における評価は、その後転職を図る際における「品質保証」のような役割を果たします。

なぜならば、評価する側からしてもいちばん転職者を理解しているであろう現在の職場が高く評価をしている人材は優秀であろう、という先入観を違和感なく持てるからです。

いずれにせよ、そういった2つの視点でもって自分自身はどこにいればいちばん成長ができるのかを考えたうえで、どの職場を選ぶかを考えてみてください。

企業の大小は重視すべきポイントではない

その2つの視点で、客観的にも評価されるような軌道に自分自身を乗せることができるのであれば、その職場がベンチャー企業であるか、大手企業であるかなどはそもそも問題にならないはずです。

ベンチャー企業だとか大手企業というのは、そもそも一職業人を一個人として評価する際の基準にはなりえませんから、本質的には考える必要のない問題なのです。

「どこの会社に所属しているか」と「優秀であるか否か」はまったく関係がありませんし、キャリア上その「所属主体」だけによって評価が決まることなんてまったくありません。

転職にせよ、キャリアにせよ、主語というか評価される主体は「個人」なのです。

現在たまたまいる「職場のブランド」と「個人としてのブランド」は異なります。

そこを理解したうえで、自分ブランド磨きを怠らない努力を継続できるか否かが、キャリア開発における大きなポイントだと私は思っています。

少なくとも私自身は有名大学卒業でもありませんし、大手企業や外資系企業での経験はありませんでしたが、新卒でベンチャー企業に入り、20代で2社の上場企業の役員を経験し、戦略コンサル会社に28歳で転職し、30代で上場企業の社長にまでなっています。

そのような私自身のこのキャリア開発や考え方については拙著『非学歴エリート』を、転職にあたっての視点や戦略については『下剋上転職』をご参照いただければと思います。

いずれにしましても、所属する会社がどこかではなく、「自分はそこで何ができて、どう成長できるのか」の視点でもって職場は選ぶべきだと考えましょう。

そういった視点からのキャリア開発が、ひいてはご自身のキャリアの発展につながっていくのです。

中村さんが社会に出られ、今後ますますご活躍をされることを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。