目標倒れに終わる人と目標達成できる人の差

達成できなかったとしても格好悪くはない

現状から変化を恐れずに適度なストレスをかけることも必要です(写真:RyanKing999/iStock)

「年初に目標は立てるのだけど、すぐに飽きてしまう」

「途中で計画が狂うと、心が折れて諦めてしまう」

「上から目標を言われても、どうせ無理だろうと考えて本気になれない」

こんな経験はありませんか?

私は、弁護士としてこれまでに自分のクライアントや同じ勉強会に参加している仲間たちの中で、次々と高い目標をクリアしていく人たちをたくさん見てきました。

高い目標をクリアしていく人たちの決定的な共通点

・年々売り上げを増やし、5年で会社を5倍に成長させた経営者
・上場すると宣言し、準備期間わずか3年で上場を果たした経営者
・3年連続で社内トップの営業成績をあげた生保会社の営業マン
・社会人になってからゴルフをはじめ、忙しく働きながら県大会で優勝した会社員
・20キロのダイエットに成功し、そのうえボディビル大会で入賞までしたお医者さん

拙著『最高の結果を出す 目標達成の全技術』でも詳しく解説していますが、高い目標を次々とクリアしていく人たちには決定的な共通点があります。それは、一定のストレスを感じる状態を楽しんでいるということです。

人にはそれぞれ、安心に感じる行動エリア、快適に感じる行動パターンがあり、これを心理学の用語で「コンフォートゾーン」(安心快適領域)と呼びます。

次ページコンフォートゾーンの典型例は…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。