フェイスブックの暗号資産リブラは買いなのか

リブラに対する「6つの警戒」を真剣に考える

フェイスブックの暗号資産リブラが2020年に登場へ。「ディープインパクト」があることは間違いない(写真:josefkubes/iStock)

フェイスブックが、ブロックチェーンを使った暗号資産(いわゆる「仮想通貨」)「リブラ」を2020年からリリースすると発表した。

ついに「大物」が参入してきた!

全世界に27億人と言われるフェイスブックのユーザー同士が、お互いの商品やサービスの対価としてリブラで決済ができたり、リブラで送金ができたりするようになる状況が想像できる。

そもそもリブラが本当にスタートできるのかまだ不確かだし、その詳細も不明だが、今のところ、(1)ブロックチェーンを使ったいわゆる仮想通貨のようなデジタルデータとしての資産であり、(2)ドル・ユーロ・円(たぶん?)のような複数の法定通貨建ての安全資産保有を裏付けとして発行され、(3)送金や決済に使用できる、といった属性が報道されている。

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

上記の一般的な意味を考えると、履歴を書き替えることができないそれなりに強固な価値の取引システムであり、法定通貨のバスケットが背後にあるので交換価値が安定していて、銀行やカード会社等に高い手数料を払わなくても低コスト決済や送金が可能になるということだ。

リブラが普及すると、ごく直接的には、リブラで買い物ができるし、国内にも海外にもリブラで送金ができるような状況が想像できる。加えて、将来は、リブラ建てで貿易ができたり、リブラ建ての借金ができたり、リブラ建ての資産で資産運用ができたりするようになるかもしれない。

リブラの大雑把なイメージは「庶民が安価に使える、デジタル化された、SDR(IMFのバスケット通貨)」だろうか。これは、なかなか便利ではないか。また、とくに新興国でだが、銀行口座を持っていない人を金融取引に取り込むことができるのはいいことだろう。

次ページリブラに対する「6つの警戒」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。