ハーレーが「3輪バイク」を売り出す事情

普通自動車免許で運転可能

画像を拡大
2人乗りも快適にできる

これまでハーレーのトライクは、日本国内では正規に販売されていなかった。一部マニアが並行輸入するか、改造して乗っていたのが実情だ。

ハーレーは顧客に意見を求める製品開発プロジェクトを進めており、その第1弾として昨年、ツーリングに適したモデルを出した。

同プロジェクトで新しいトライクを開発したのを機に、日本市場でも投入することになった。

2輪と4輪の"いいとこ取り"が可能

トライクは、普通自動車の免許で乗れること以外にもメリットがある。道路運送車両法での車両区分は小型自動車(2輪)となるため車庫証明は不要。有料道路の区分では2輪と同様に軽自動車(2輪自動車含む)の料金が通常は適用されるなど、2輪と4輪のいいところ取りができる。

ただし、価格は高い。モノトーンカラーが400万4000円、ツートーンカラーだと406万7000円。高級車1台買えてしまう水準だ。高級で知られるハーレーの2輪でさえ、ラインナップの中心は100万~300万円前後。ハーレーのブランド力は絶大だが、トライクの需要をどれだけ掘り起こせるのかは未知数だ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT