絶好調のVW「ゴルフ」、ワゴンでも攻勢

販売目標は3倍増の年1万2000台

今年11月に輸入車として初めて「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したフォルクスワーゲン(VW)の旗艦車種「ゴルフ」。その追い風もあり、日本における2013年のVWの新車登録台数は、過去最高だった2001年の約6万1000台を上回ることが確実だ。

この好調を2014年も維持するうえでカギを握るのが、ゴルフをベースにしたステーションワゴンの新型「ゴルフヴァリアント」だ。2014年1月6日から販売を開始する。VW日本法人の庄司茂社長は「過去最高である年1万2000台と同等、あるいはそれを上回る販売を目指す」と意気込む。これは2012年の販売実績の約3倍となる水準だ。

画像を拡大
ゴルフ ヴァリアントの内装

強気のワケは、ここ数年ステーションワゴン市場が持ち直していることにある。1990年代後半以降、ミニバン人気が高まる一方でステーションワゴンの販売台数は右肩下がりだった。

ただ、ここ数年はトヨタ自動車の「プリウスα(アルファ)」やホンダの「フィットシャトルハイブリッド」などハイブリッド車のワゴンを中心に人気を博しており、市場全体も再び盛り上がりつつある。30~40代のユーザーが、ミニバンから燃費がよりよいワゴンに乗り換えるケースも多いという。

次ページ価格は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。