絶好調のVW「ゴルフ」、ワゴンでも攻勢

販売目標は3倍増の年1万2000台

今年11月に輸入車として初めて「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したフォルクスワーゲン(VW)の旗艦車種「ゴルフ」。その追い風もあり、日本における2013年のVWの新車登録台数は、過去最高だった2001年の約6万1000台を上回ることが確実だ。

この好調を2014年も維持するうえでカギを握るのが、ゴルフをベースにしたステーションワゴンの新型「ゴルフヴァリアント」だ。2014年1月6日から販売を開始する。VW日本法人の庄司茂社長は「過去最高である年1万2000台と同等、あるいはそれを上回る販売を目指す」と意気込む。これは2012年の販売実績の約3倍となる水準だ。

画像を拡大
ゴルフ ヴァリアントの内装

強気のワケは、ここ数年ステーションワゴン市場が持ち直していることにある。1990年代後半以降、ミニバン人気が高まる一方でステーションワゴンの販売台数は右肩下がりだった。

ただ、ここ数年はトヨタ自動車の「プリウスα(アルファ)」やホンダの「フィットシャトルハイブリッド」などハイブリッド車のワゴンを中心に人気を博しており、市場全体も再び盛り上がりつつある。30~40代のユーザーが、ミニバンから燃費がよりよいワゴンに乗り換えるケースも多いという。

次ページ価格は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT