米GMが描く“小粒”な日本戦略

「シボレー」「キャデラック」の新型車が登場

6.2リッターのV型8気筒エンジンを積んだ「シボレーコルベット」

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は12月4日、「シボレーコルベット」と「キャデラックCTS」の新型車を発表した。

「シボレーコルベット」は6.2リッターのV型8気筒エンジンを積んだスポーツカーだ。従来モデルからシャシーやパワートレインを一新したほか、エンジンには燃費効率を高めるため、巡航速度では4気筒のみを作動させる気筒休止システムを採用した。これにより同系統のスポーツカーである日産自動車の「GT-R」に比べ2割強燃費がいい。

プレミアムブランドの一つである「キャデラックCTS」は従来モデルと比べて、全長を長く、車高を低くすることで安定性を高めた。アルミ素材の多用などにより車重も7%軽量化。さらに駆動系は従来のV6エンジンから2リッターの4気筒直噴ターボエンジンに変えて効率化を図った。

価格は「シボレー コルベット」が8%の消費税込みで929万円からで、「キャデラックCTS」が599万円から。来年4月以降に販売される予定だ。

日本では存在感が薄い

画像を拡大
「シボレーコルベット」の内装

米GMはトヨタ自動車、独フォルクスワーゲンに次ぐ、世界3位の自動車メーカーだ。2012年の販売台数は928万台。「シボレー」や「キャデラック」、「ビュイック」といったブランドで世界140カ国以上に展開している。

ただ、日本での存在感は極めて小さい。GMジャパンが現在取り扱っている車は「シボレー」「キャデラック」の2ブランド。これら2つを合わせた2012年度の販売台数は約1200台だった。日本自動車輸入組合によると、同年度の外国メーカー製乗用車販売台数は約24万台であり、微々たるシェアだということがわかる。

GMの日本国内での販売台数は、90年代半ばに約4万を記録したのをピークに減少。しかも現在日本では発売していないGM傘下の独オペルが大半を占めていた。

次ページ足元は回復基調
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT