中年男も感動!「王道系ホットケーキ」厳選3名店

「昔ながら」を守り、こだわりを貫く本物の味

最後に紹介するのは、外苑前の「カフェ香咲(カサ)」というお店です。

【3】まさにプロの味「カフェ香咲」

「カフェ香咲(カサ)」はフードメニューがおいしいと評判のカフェ。近隣の人たちだけでなく、遠方からもわざわざ訪ねてきます。イタリアの料理学校で学んだ岩根愛さんがつくるフードは、カレーライス、グラタン、ラザニアなど一般的なものですが、どれも本物の味です。

外苑前の名店「カフェ香咲」のホットケーキ(撮影:今祥雄)

添えてあるのは、バターと濃いめのホイップクリーム、メープルシロップ。外側はサクサク、中はふんわり。文句なくめちゃめちゃおいしい。その味わいは実に洗練されています。その岩根さんが焼くホットケーキが実においしい。アルバイトのまかないとして出していたところ、常連さんの「あれおいしそうだね」の一言でメニューに加わりました。

材料にこだわり、家庭では絶対に真似ができない特別なものになっています。いつか、このホットケーキにシャンパンを合わせたいとひそかに思っています。

「本物のホットケーキ」を体験してほしい

「ホットケーキは庶民の味、家庭の味、お母さんの味」と一般的には思われています。それはそれですばらしいことですが、そんな一見ありふれたホットケーキも、プロの手にかかるとまったく違うものが出来上がります。ある社長がこう言っていました。「ホットケーキなんて子どもの食べ物と思っていたけれど、ペロッと食べちゃったよ」。

どのお店も、「ホットケーキなんて誰も外で食べない」と諦めてしまうのではなく、「どうしたらわざわざ食べにいく価値のあるホットケーキ」になるのだろうと、創意工夫を凝らしています。「なるほど、これが本物のホットケーキか!」という体験を、ぜひこれらのお店でしてみてください。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。