2020東京チームの師、プレゼン必勝法を語る

東京五輪プレゼン/マーティン・ニューマン氏インタビュー

――プレゼンのコツは?

まず第一に、ボディをリラックスさせること。足を肩幅ほどまでに広げて、仁王のように立つことで、身体が安定する。

それから重要なのは息の使い方。深い息が重要。体や声は酸素を要求する。喉を開けるためにも、「息」が重要。仏僧がお経を唱えるように、のどでハミングをすることで、リラックスができる。

「ムード」を作るために、感情を入れようとして、「叫びだす」「大声で」というのはプレゼンの初歩的なミスだ。最もインパクトを持たせるには、ソフトにするのがいちばんインパクト・効果を発揮する。声を大きくすると、「聞いてないのか!」というように聞こえるし、怒っていたり、自信がないようにも聞こえる。

たとえば、叫びっぱなし、などトーンが一定だと、聴衆の心のスイッチはオフになる。 プレゼンの最大の敵は「変化がないこと」だ。人間の進化は、変化しないことに対して、反応しなくてもいいということを教えた。スイッチを切っていい、危険もない、と教えている。周りが動かない、変化がない状態になれば、スリープモードになる。変化があると、覚醒する。獲物が突如、現れるとか、たとえば、600匹の犬があい、1匹のピンクの犬がいれば、そこに注目する。声の出し方やジェスチャーにしても、どのようにチェンジ(変化)を作り出すか。「沈黙」「静かなトーンのところに突然、声を上げる」といった「変化」に人々は反応する。

日本人は立ち上がるべきだ

――プレゼンの上達法は?

コミュニケーションはスポーツだ。スポーツにおいて、コーチに指導を受けるというのは当たり前だろう。コーチを前にすると、パフォーマンスを向上させるために素直になる。アスリートがコーチに指導を受けるように、プレゼンテーションもコーチングによって劇的に改善する。みんなそれぞれに自信があり、自己流でやっているが、一度コーチングを始めれば、みんな、「もっとやってみたい」と言い出すのだ。

日本のエグゼクティブの場合、部下は問題を認識していても、ボスにそれを言いに行くということは難しいだろう。トップはプロテクターに囲まれている。ボスは完璧です、というのが仕事になっている。ここで、実はコーチングが必要とはいいづらい。しかし、グローバル時代、日本のリーダーたちが、プレゼンのコーチングを当たり前に受ける時代がやってきている。

「沈黙は金なり」というのは、日本でユニークなことではない。出る釘は打たれるなどのフレーズもあるが、招致の成功でわかったように、もっと日本人は立ち上がるべきだ。東京五輪は日本人が出る釘になって、もっとスタンドアップしていく、いい機会になると考えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT