就活生の本音は「インターンで決めてほしい」だ 「就業体験」を超えた役割を担うようになった

✎ 1〜 ✎ 548 ✎ 549 ✎ 550 ✎ 最新
拡大
縮小

ゲームもいろんな業種で取り入れられているようだ。かなりややこしいビジネスも、ゲームにしてみると理解しやすいし、楽しく学べるからだろう。

・ニトリ「ゲームの形で会社の歴史背景やビジネスモデルを理解できて、楽しかったです」(早慶大クラス・文系)

・トヨタ自動車「ゲーム形式のインターンシップ」(旧帝大クラス・理系)

・KADOKAWA「プログラムの面白さ。出版されていない小説の原稿を読み、企画を立てるというもの」(旧帝大クラス・文系)

単なる「就業体験」でない

インターンシップ選考に関するコメントを読み進めていくと、学生の意識は大人の論議とかけ離れていることがわかる。産学のインターンシップ論議は、学生の本分、成長機会と高邁な理念を掲げるが、学生は「そんなことは大人に任せる。大事なのは私の就職」と考えているようだ。

上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします

学生ばかりではない。「インターンシップ=就業体験」という呪縛を振り捨てた企業が多くなっている。今回紹介した学生コメントは2020年卒のものだが、2021年卒のインターンシップではさらに選考型が多くなるだろう。

インターンシップ本来の理念からは逸脱しているが、この変質はそれほど悪いものではないように思える。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT