就活生の本音は「インターンで決めてほしい」だ

「就業体験」を超えた役割を担うようになった

インターンシップは各社各様の知恵を絞ってプログラムを作っている。学生はどのようなインターンシップを評価しているのか、具体的な社名と併せて紹介しておこう(人物が特定される可能性があることから、回答者の大学名は学校群とした)。

理系学生は、開発や工場・研究所見学などの実務に即した内容を歓迎している。

・旭化成「開発業務に携わらせていただいたから」(旧帝大クラス・理系)

・日産自動車「工場見学やワークショップ。それに対するフィードバックが社員の方からあったので、ためになった」(早慶大クラス・理系)

・キーエンス「設計の業務体験ができたこと」(旧帝大クラス・理系)

社内の雰囲気がわかる

社員の印象も大きい。航空業界は就職人気ランキングでつねにトップクラスに位置するが、学生のコメントを読んでもホスピタリティーマインドに優れた社員が多いことがわかる。

・全日本空輸(ANA)「終始和気あいあいとしており、雰囲気がよかった。質疑応答の時間も、一つひとつに丁寧に受け答えしてくれた」(その他私立大・文系)

・日本航空(JAL)「社員さんがとにかく親切だった。内容はパイロットインターンで、機長、副機長の方のお話を聞いたり、シミュレーター体験もした」(上位私立大・文系)

インターンシップは就業体験を意味するので発見は多いだろうが、それほど楽しいものではないはずだ。しかし、企業は工夫して、体験よりも企業理解に重きを置いているようだ。その手法の1つとしてグループワークがある。グループワークには、共同作業、ディスカッションなどいろんな方法があり、選考で使われている。インターンシップでも多用されているようだ。

・NTTデータ「グループワークの発表に対する、社員の方からのフィードバックがあった」(その他私立大・文系)

・JTBグループ「グループディスカッションを通して、企業について深く知ることができた」(早慶大クラス・文系)

次ページゲームで楽しく学べる企業も
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT