「正社員だから幸せ」という考えは改めるべきだ

表面的なことで解決できる問題ではない

そして、そのような行為を通じて人は経験をし、知識や知見を蓄え、自分なりの意見や信念を形成し、成長をしていくものなのです。

仕事は生活費を稼ぐための手段だ。そう割り切ってしまえば報酬が1番の優先順位になるでしょうし、ストレスのなるべくない生活を営む一環であると考えると、人間関係や勤務時間などが優先順位的には高くなるのでしょう。

そのほかもいろいろな基準があるかとは思いますが、どれを正解とするかは自分自身によります。

自身の経験から自分なりの軸を整理するべき

正解は自分自身で設定しないと、誰も設定してくれないのです。ましてや正社員になったから、職場を変えたからといってすべてがうまくいくことなんてありえません。

すでにななさんは10社ほどの職場を経験されてきているとのことですから、その経験を通じてご自身の中で仕事をどう位置づけ、仕事に対して何を求めるか、そして職場や勤務環境に求める優先順位は何か、それをまずは考えましょう。

その軸がしっかりとしていないと、職場を変えてもまた同じことの繰り返しになってしまいます。軸とはすなわちご自身にとっての行動の原理原則です。その原理原則をまずは自分で定め、理解しないと解決のための行動は起こせないはずです。

ななさんがご自身の経験からご自身なりの軸を整理され、もっと明るい未来に向かって歩き出すための行動を起こされることを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT