スターアジアvs.さくら、Jリート再編劇の行方

成長は手詰まり、小型リート再編の序章か

スターアジアからの合併提案に対し、さくら総合リートは投資主向けの「見解」を出して猛反発している(編集部撮影)

株式市場に隠れがちなJ-REIT(上場不動産投資信託)市場が、久々に注目を浴びている。

去る5月10日、スターアジア不動産投資法人の運用会社は、投資口の約3.6%を保有するさくら総合リート投資法人との合併を提案したと発表した。さくら側は翌週の17日、合併に反対する見解を表明。「REIT史上例がない」(REIT市場に詳しい証券アナリスト)といわれる、事前同意のない敵対的買収劇が幕を切って落とされた。

「さくらはガバナンスが機能していない」

6月13日時点でのさくらの資産規模は18物件575億円、スターアジアは34物件1023億円とREITとしてはどちらも小規模だ。さくらはなぜ、買収のターゲットにされたのだろうか。

昨年6月28日、さくらは札幌市内の商業施設を16.4億円で売却し、約1.4億円の売却益を得た。ところが、並行して進めていた公募増資による新規物件取得に失敗。この際、物件売却益が公募増資手続きにかかった手数料で相殺された点をスターアジアは問題視する。

スターアジアグループの杉原亨氏は「ガバナンスが機能しておらず、われわれが代わりに運用をしたほうが高いパフォーマンスを出せる」と話す。また、スターアジア側は否定しているが、「敵対的買収を仕掛けると、関連する企業との関係がギクシャクする。その点、外資系なら取引関係が薄く、けんかをしても影響が薄いと判断したのではないか」(証券アナリスト)という指摘もある。

こうしてスターアジアグループは昨年11月2日、さくらの投資口約3.6%を取得した。さくら側はスターアジアに対して保有目的を問い合わせたものの、回答はなかった。スターアジア側は「合併交渉を行っても、さくら側は自己保身に走るだけ」(杉原氏)とし、事前交渉抜きの合併提案に踏み切った。

次ページREITの苦境を象徴する再編劇
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。