スターアジアvs.さくら、Jリート再編劇の行方

成長は手詰まり、小型リート再編の序章か

合併をめぐる一連の騒動は、REITを取り巻く苦境を象徴している。

日本の不動産価格は近年上昇を続け、純収益を物件価格で割った利回りには下押し圧力がかかる。ある不動産ファンドの社長は「物件取得の基準には期待利回りで4%台を念頭に置いているが、(投資基準に)合う物件はそうそうない」と話す。

2016年9月の上場以来、合併提案を受けるまでにさくらが新規取得した物件はわずか1件。物件取得の失敗を差し引いても、さくらにとって成長の道筋が描きづらい状況に変わりはない。

物件取得が難しく、スポンサー頼みに

市場から自力で物件を取得することが難しければ、資産運用会社の大株主であるスポンサーからの物件供給が貴重な取得機会となる。デベロッパーなどがスポンサーの場合、デベロッパー自らが開発した物件をREITに売却する例が多い。

例えば、野村不動産は4月25日に発表した中期経営計画で、自社で開発・賃貸していたオフィスや賃貸住宅などの物件を、傘下REITへ売却することを加速させると発表した。デベロッパーにとって不動産が「売り時」であることは、裏を返せばREITがその受け皿になれるチャンスでもある。

さくらの場合、オーストラリアの独立系不動産ファンドである「ガリレオ」と、建物管理大手の「日本管財」がスポンサーだ。このうち後者は保有物件の管理が主であり、ガリレオの本業は不動産ファンドの運営で開発は本業ではない。

次ページ自力での成長頭打ちで合併に踏み切る
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。