最新版!「CSR企業ランキング」トップ500社

1位は2年連続でNTTドコモ、2位は同業のKDDI

大きく順位を上げたのは56位→17位のJT(552.5点)、99位→28位のヤフー(547.7点)、76位→35位のNTTデータ(546.3点)などだった。

101~200位では、東芝(510.7点)が330位から137位に急上昇。2015年度の不正会計問題の再発防止策のひとつとしてガバナンス強化に注力。以前は少なかった内部通報も社外取締役で構成される監査委員会に直接通報できるよう変更し2016年度には399件に増加。2017年度も280件と高水準が続いている。

ほかに159位長谷工コーポレーション(503.6点)も昨年259位から上昇した。

200位台では、367位から201位に上がった大正製薬ホールディングス(490.9点)、431位から258位に上がったナブテスコ(477.9点)の2社が目立った。

301位以下は総合ポイントのみを紹介する。321位イトーキ(461.2点)が昨年498位から大きく上昇。344位はアース製薬(454.8点)が454位から上昇。いずれも300位以内が見えてきた。

評価項目での各部門トップについても紹介

評価項目の各部門トップは、人材活用が花王(総合3位)、ANAホールディングス(同43位)、SOMPOホールディングスの3社。

ANA HDは2020年までに海外事業所における現地雇用社員の管理職比率を部課長クラス20%、マネジャークラス60%を目指すなどダイバーシティの取り組みが進んでいる。SOMPOは女性管理職比率16.9%と高い女性比率。子育て支援も幅広い制度を整える。さらに男性の育児休業取得100%を目標に取り組んでいる。

次ページ部門別上位企業の<環境編>を紹介
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。