最新版!「CSR企業ランキング」トップ500社

1位は2年連続でNTTドコモ、2位は同業のKDDI

大きく順位を上げたのは56位→17位のJT(552.5点)、99位→28位のヤフー(547.7点)、76位→35位のNTTデータ(546.3点)などだった。

101~200位では、東芝(510.7点)が330位から137位に急上昇。2015年度の不正会計問題の再発防止策のひとつとしてガバナンス強化に注力。以前は少なかった内部通報も社外取締役で構成される監査委員会に直接通報できるよう変更し2016年度には399件に増加。2017年度も280件と高水準が続いている。

ほかに159位長谷工コーポレーション(503.6点)も昨年259位から上昇した。

200位台では、367位から201位に上がった大正製薬ホールディングス(490.9点)、431位から258位に上がったナブテスコ(477.9点)の2社が目立った。

301位以下は総合ポイントのみを紹介する。321位イトーキ(461.2点)が昨年498位から大きく上昇。344位はアース製薬(454.8点)が454位から上昇。いずれも300位以内が見えてきた。

評価項目での各部門トップについても紹介

評価項目の各部門トップは、人材活用が花王(総合3位)、ANAホールディングス(同43位)、SOMPOホールディングスの3社。

ANA HDは2020年までに海外事業所における現地雇用社員の管理職比率を部課長クラス20%、マネジャークラス60%を目指すなどダイバーシティの取り組みが進んでいる。SOMPOは女性管理職比率16.9%と高い女性比率。子育て支援も幅広い制度を整える。さらに男性の育児休業取得100%を目標に取り組んでいる。

次ページ部門別上位企業の<環境編>を紹介
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT