ぐっちーさん「地方の人はプライドなさすぎだ」

なぜ「フランスの田舎」とこんなにも違うのか

さてここからへ恒例の競馬コーナーです。エプソムカップ(G3、6月9日、東京11R、距離1800メートル)。

夏競馬は本来予想しなくてもいいのですが、このレースはメンバーが面白いのでやってみましょう。

メンバーに特徴があるのは、「強いに違いないのにいまひとつブレークしていない連中……」ということに尽きますでしょうか。

ソウルスターリングがいい例で、立派なG1馬なんですが、その後勝っていない。今回も直前に出走取り消しになってしまいました。ダノンキングダム、ミッキースワローあたりも同様の感じで、イマイチブレークしてこないわけですが、競馬っぷりを見る限り、かなり強いのは間違いない。では何が悪いのか? ちょっとしたかみ合わせだと思うのですが……。

エプソムカップは「3頭の3連単ボックス」で勝負!

その意味では、「彼らの復活」というのが大きなテーマになるでしょう。ここでは3頭を挙げましょう。まず、いかにも東京に向きそうなのは前出のダノンキングダム、ミッキースワロー。両頭とも左回りが得意そう。

また、やはり東京ですでに3勝しているプレスジャーニーも、期待が持てるかもしれません。メイステークスで追い上げた、上がり3ハロン(600メートル)33.1秒の足は東京でこそ価値がある。

ということで、「夢よ、もう一度レース」というわけで、ここは出でよ万馬券!! 以上、3頭の3連単ボックスで勝負です!!

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT