ぐっちーさん「地方の人はプライドなさすぎだ」

なぜ「フランスの田舎」とこんなにも違うのか

アメリカでもそうなんですが、この「自分の住んでいる地域(コミュニティー)に対するプライド」というのが、そもそも日本には欠けている地域が少なくないのです。これは東京にいるときにはまったく気がつきませんでした。

もっと言うと、「当事者意識」とでもいうんでしょうか。アメリカでもシアトルならシアトルという自負があり、つい最近まで空港からの鉄道敷設にしても、何度も反対運動で潰れてきました。理由は、といえば、あまりにも便利になると「有象無象」がやってきてシアトルらしさが失われ、肝心の自分たちの文化が衰退するから。だから反対するわけです。「交通が便利になれば自動的に人が来て儲かる」と思っている、考えの浅い人たちしかいない地域とは、わけが違うのです。

これがフランスになるともう、筋金入りです。

例えばブルゴーニュではブルゴーニュワイン以外はほぼメニューの後ろに追いやられていますし、ブルゴーニュ以外のワインを頼むこと自体がはばかられる雰囲気です。これはシャンパーニュ、ボルドーでもまったく同じで、シャンパーニュにいるからにはもうシャンパーニュを飲むしかないのです。

フランスのように、なぜ「堂々と」できないのか?

飲み物が地元産のものに限定される地域など日本にはほぼありえず、それだけ地域性が薄いと言えますし、ある意味、地元の方にはそんなこだわりはないし、こだわれる物自体がないところも多い……といえるのではないでしょうか(日本ではよく、ワインと日本酒が比較されます。が、これはコカ・コーラと100%果汁ジュースを比較するようなもので、そもそも比較になりません。ワインはテロワールといって、その土地土地の味がブドウに吸収され、ほかの地域ではマネができません)。

チーズですら、ブルゴーニュでは同地方のエポワス村産以外のチーズを頼むのには勇気がいります。同じように、シャンパーニュなら同地方のシャウルス産以外はありえないのです。こういうこだわりが、日本にはありそうでないわけですね。

そもそも、そういうことを考えて地元の特産品を磨き上げていない。さらにブルゴーニュは内陸の地域ですから海からは遠い……ですから「メニューに魚はありません!!」というレストランがたくさんあります。観光客を相手にするレストランだと「ポワソン(魚)もあります」とわざわざ書くくらいで、普通はないのです。しつこくて申し訳ありませんが、「信州の山奥でまぐろの刺身を平気で出してくる神経」は、フランスでは信じられないのです。

なぜ「信州は山国で海はない。だから海の魚はない!」と断言しないのでしょうか。「信州とはそういうものだ」と言い切ればいい、と思うんですよ。だって、それが信州そのものですよね。なのに、まぐろは出てくるは、旅館の朝飯にはアジの干物が出てくるわ……ブルゴーニュなどフランスの地方にいるとそれは大きな間違いだ、ということが痛切に感じられます。

次ページ日本の地方の大半は努力不足
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT