トヨタとSUBARUがSUVタイプのEVを共同開発へ

中・大型車向けのEV専用プラットフォームも

 6月6日、トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は、中・大型乗用車向け電気自動車(EV)専用プラットフォーム(車台)を共同開発すると発表した。写真は会見するトヨタ自動車の豊田章男社長。2012年3月に群馬県太田市で撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 6日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>とSUBARU(スバル)<7270.T>は6日、中・大型乗用車向け電気自動車(EV)専用プラットフォーム(車台)を共同開発すると発表した。両社はこのプラットフォームをベースにしたスポーツ多目的車(SUV)のEVを共同開発し、2020年代前半に各々のブランドによる販売を検討する。トヨタの電動化技術とスバルの全輪駆動(AWD)技術を持ち寄り、両社で製品化を加速させる。

今回の開発では、トヨタが主導するEV基盤技術開発の合弁会社「EV C.A.スピリット」が手掛ける要素技術を活用する。共同開発するSUVの生産拠点や搭載電池などについては今後、検討する。

 

 

(白木真紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT