トヨタとSUBARUがSUVタイプのEVを共同開発へ

中・大型車向けのEV専用プラットフォームも

 6月6日、トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は、中・大型乗用車向け電気自動車(EV)専用プラットフォーム(車台)を共同開発すると発表した。写真は会見するトヨタ自動車の豊田章男社長。2012年3月に群馬県太田市で撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 6日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>とSUBARU(スバル)<7270.T>は6日、中・大型乗用車向け電気自動車(EV)専用プラットフォーム(車台)を共同開発すると発表した。両社はこのプラットフォームをベースにしたスポーツ多目的車(SUV)のEVを共同開発し、2020年代前半に各々のブランドによる販売を検討する。トヨタの電動化技術とスバルの全輪駆動(AWD)技術を持ち寄り、両社で製品化を加速させる。

今回の開発では、トヨタが主導するEV基盤技術開発の合弁会社「EV C.A.スピリット」が手掛ける要素技術を活用する。共同開発するSUVの生産拠点や搭載電池などについては今後、検討する。

 

 

(白木真紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。