トヨタとSUBARUがSUVタイプのEVを共同開発へ

中・大型車向けのEV専用プラットフォームも

 6月6日、トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は、中・大型乗用車向け電気自動車(EV)専用プラットフォーム(車台)を共同開発すると発表した。写真は会見するトヨタ自動車の豊田章男社長。2012年3月に群馬県太田市で撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 6日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>とSUBARU(スバル)<7270.T>は6日、中・大型乗用車向け電気自動車(EV)専用プラットフォーム(車台)を共同開発すると発表した。両社はこのプラットフォームをベースにしたスポーツ多目的車(SUV)のEVを共同開発し、2020年代前半に各々のブランドによる販売を検討する。トヨタの電動化技術とスバルの全輪駆動(AWD)技術を持ち寄り、両社で製品化を加速させる。

今回の開発では、トヨタが主導するEV基盤技術開発の合弁会社「EV C.A.スピリット」が手掛ける要素技術を活用する。共同開発するSUVの生産拠点や搭載電池などについては今後、検討する。

 

 

(白木真紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。