アップル「WWDC19」開催直前、発表を大胆予想

iPhone、Apple Watch、Macがさらに進化する

こうしたハードウェアの期待が集まる一方、macOSで動作するアプリに大きな変化が訪れることが、昨年すでに発表されている。iPad向けアプリをMac向けに動作させることができる仕組みが、今回一般の開発者にも解禁されるからだ。

すでにiOS 12に搭載されている株価、ニュース、ボイスメモといったアプリは、iPad向けをベースにMac向けアプリが作られた。この手法が開発者にも広がることで、すでにiPadとMacの双方にアプリを提供している開発者は、別々のアプリを作る手間が軽減され、iPadのみに存在していたアプリがMacに登場する可能性が高まる。

「iTunes」がなくなる?

例えばFacebook MessengerはiPad向けにはアプリがあるが、Macではブラウザーでしか利用できなかった。通知やグループ通話などより高度な機能をMacで実現できるようになる点は、ユーザーにも利便性が高いだろう。

iOSとmacOSの体験の共通化の中で、デジタル音楽の世界を切り開いてきた「iTunes」が終了する可能性も指摘されている。

iOSではMusic、iTunes Store、Podcast、Apple TVと4つのアプリで実現している機能が、MacではiTunesに集約されているのが現状だ。これを、先述のアプリ開発共通化の手法を活用しながらiOS風に分解するとみられている。

こうした細かいOSやアプリの変化は伝わってきているが、ではアップルがどんなビジョンを示し、どんなメッセージを呼びかけるのかに注目している。基調講演から見える未来の体験を、またリポートでお届けする。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT