真っ白な中高生を蝕むネットの激しすぎる主張

オウム真理教を面白がる子どもの危険な実態

彼のTwitterは、絵に書いたようなネトウヨそのもの、といった雰囲気ではありませんでした。ネトウヨと思しきユーザーのツイートをリツイートしているのは気になりましたが、Twitter上で人種差別を含んだ主張を繰り返しているわけではなかったのです。

ここではたまたま「ネトウヨ的」な情報を信じ込んだ生徒の話を紹介しましたが、まったく正反対の情報に接して、信じ込んでいる子どももいることでしょう。つまり「安倍政権が戦争を仕掛けようとしている」式の主張です。

その後、当塾のいわゆる事情通の生徒たち何人かに、極端な政治的立場を主張するタイプの同級生がいるのか質問をしてみました。大抵はいないとの返答でしたが、なかには普段は大人しいのだけど社会の授業になると教師に盛んに突っかかっていく生徒がいるという返答がありました。

大人たちは危機意識を持つべきだ

ただ、教師に歯向かって自説を唱えていたことは確かですが、その主張の内容を当塾の生徒は十分に理解できていなかったため、その主張がネトウヨに強く影響を受けたものだとは断定できません。

また、ほかの生徒からは軒並み「いない」という答えが返ってきましたし、日々生徒たちと雑談をして得た私なりの感触からしても、今のところ、こうした生徒は一部の存在なのだろうとは思います。

しかし、スマホを所持する中学生の割合は、近年になって急上昇しています。また、ネット上で知り合った人とリアルな接触を求める子どもたちの割合も急上昇していることから、ネットに対する信頼感が増していることが推察されます。

『ネトウヨとパヨク』(新潮新書)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

こうした子どもたちの急速な変化と、それに対応できない日本の教育を念頭に置くと、今は一部の生徒が年々増加し、決して一部では片づけられない状況になるという未来が見えてきます。

子どもが政治に興味を持つこと自体は決して悪いことではありません。しかしながら、学校では「保守」「リベラル」といったことは教えませんし、そもそも政治的な問題についても触れたがりません。

そんな中で、たまたま最初に触れる思想や意見が、極端な人たちの極端なものだったらどうなるか。

こうしたことについて、もう少し大人たちは危機感を持ったほうがいいのではないかと思うのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT