踊り子の"兄"、JR西に残る「117系」の過去と未来

ユーモラスな顔、かつては「新快速」の代名詞

もともと座席は転換クロス式だったが、現在はラッシュ時の混雑に備えて扉付近がロングシートになっている。だが、中央部や車端にはオリジナルのクロスシートが残存。座ってみると、スプリングの弾力がよく効いた昔ながらの感触に、思わず「これだよ、これ!」と声が出た。枕カバーもそのままで、プラスチック製の肘掛けやモケットが張られた側部が懐かしい。

117系の車内。混雑対応のためドア付近はロングシート化された(筆者撮影)

天井に目をやると、蛍光灯にはカバーがつけられ、その横にクーラーの吹き出し口がスリムに配置されている。中央部にグリルや扇風機などはなく、とてもすっきりした印象。木目調の妻面壁もそのままだ。さすが、関西地区のフラッグシップトレイン、新快速用に造られた車両である。

一方で、車内に掲げられた「禁煙」のプレート(ステッカーではない)や、床に設けられた点検口などに、歴史を感じる。

広々とした乗務員室

前面が非貫通構造のため、乗務員室はとても広々している。105系などと同じツーハンドル式で、金属部分が鈍い輝きを放っている。助士席側には、後年になって取り付けられた保安機器類がずらりと並んでいた。

117系の運転台。非貫通式のため広々としている(筆者撮影)

和歌山エリアでの運用が終了したことで、117系の舞台がまた1つ減った。残る2つの舞台も、さほど長くはないだろう。MT54形モーターやCS43形カム軸式制御器の、あの独特の音を心行くまで堪能できるのも今のうちだ。

一方、JR西日本は2020年春に新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」をデビューさせるが、この改造種車として117系が使用されることになっている。

先ごろ発表されたイメージパースでは、西日本が誇る美しい海や空を表現したという「瑠璃紺色」の外観やロゴマークとともに、ごろんと寝ころべる「ノビノビ座席」などを備えた車内も公開。これまでの117系からは想像もつかない、新たな役柄が用意されている。デビューから40年という節目の年に、さらなる進化を遂げる117系に期待したい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。