踊り子の"兄"、JR西に残る「117系」の過去と未来 ユーモラスな顔、かつては「新快速」の代名詞

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

117系は、関西地区の新快速で運用されていた153系を置き換えるために登場した。京阪神の鉄道は国鉄(当時)のほかに阪急や京阪などが競合している。当時、京阪は「テレビカー」初代3000系が、阪急は6300系が活躍。いずれも2扉転換クロスシートを備えていたのに対し、国鉄153系は背もたれが垂直に固定されたボックスシート。サービス面で分が悪かった。

そこで、国鉄も転換クロスシート車両を導入することになり、生まれたのが117系である。

顔つきはユーモラス

非貫通とした前面は、運転士の視界を確保し、また踏切事故から守るために、高床式とされた。角を丸めた流線形が、ほっぺたを膨らませたお多福のようで、なかなかユーモラスな顔つきだ。

ラッシュにも対応できるようにデッキを省略し、車端から少し中央に寄せて両開き扉を2か所に設置している。前述のとおり、座席は転換クロス式。白色の枕カバーが掛けられ、モケットや妻面の壁はこげ茶色の木目調として、落ち着いた雰囲気に仕上げられている。

次ページ成功を収めたデビュー
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT