踊り子の"兄"、JR西に残る「117系」の過去と未来

ユーモラスな顔、かつては「新快速」の代名詞

117系は、関西地区の新快速で運用されていた153系を置き換えるために登場した。京阪神の鉄道は国鉄(当時)のほかに阪急や京阪などが競合している。当時、京阪は「テレビカー」初代3000系が、阪急は6300系が活躍。いずれも2扉転換クロスシートを備えていたのに対し、国鉄153系は背もたれが垂直に固定されたボックスシート。サービス面で分が悪かった。

そこで、国鉄も転換クロスシート車両を導入することになり、生まれたのが117系である。

顔つきはユーモラス

非貫通とした前面は、運転士の視界を確保し、また踏切事故から守るために、高床式とされた。角を丸めた流線形が、ほっぺたを膨らませたお多福のようで、なかなかユーモラスな顔つきだ。

ラッシュにも対応できるようにデッキを省略し、車端から少し中央に寄せて両開き扉を2か所に設置している。前述のとおり、座席は転換クロス式。白色の枕カバーが掛けられ、モケットや妻面の壁はこげ茶色の木目調として、落ち着いた雰囲気に仕上げられている。

次ページ成功を収めたデビュー
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。