日本人が知らない「外国語案内」の不十分な現実

笑われてしまう中国語表記をなくすには?

今までの観光案内は日本人向けであったので、まず外国語に翻訳する必要がある。さらにマナー・やり方・文化など「暗黙の共通認識」部分は説明されていないので、外国人観光客向けに明示する必要がある。観光庁をはじめ、各地の観光振興機構も補助金を提供し、多言語対応に力を入れていることも後押ししている。

多言語対応はまだ発展途上

しかし、主に3つの原因で多言語対応はまだまだ途上だ。

第1は、汎用案内を事業者がインターネットの翻訳ツールで済ませていることだ。

多言語対応には、全国共通の「汎用案内」と特定のシーンで使う「専用案内」がある。

図 1 汎用的案内。トイレの使い方の案内。中国語の翻訳には文法、言葉の間違いが多く、混乱を招く一例(筆者撮影)

汎用案内は、図1に示すような「トイレの使い方」や「前に進んでください」などの方向案内、温泉の入り方などである。つまり、特定の場所でしか使えない案内ではなく、「全国/業界共通」の案内だ。

汎用案内について、ある事業者にヒアリングしたところ、インターネットの翻訳ツールを使い、そのままコピペをして印刷することがあるようだ。「意味が通じればいい」と考える人も多いが、意味さえ通じていない結果が多いため、安易に済ませられることではない。

一方、専用案内は、自社あるいは限られたシーンで使う案内である。

駅の「直進」案内の中国語翻訳は「まっすぐ前に走れ」となっており、笑いネタになっている(筆者撮影)

「そのまま置いてください」「食べ終わったゴミはこちらのごみ箱に持って来てください」といった細かい案内(指示)を指す。カスタマイズした内容が多いため、翻訳会社やネイティブの手助けが必要である。

実は観光庁は、「観光立国実現に向けた多言語対応の改善・強化のためのガイドライン」を発表している。

多言語での表記方法、対訳語一覧なども細かく書かれているが、その存在を知らない事業者が多い。情報共有の不足により、正しい外国語案内の情報が存在するにもかかわらず、間違いが多い自前翻訳をしているのではないだろうか。

次ページどんな解決方法が考えられるか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。