日本人が知らない「外国語案内」の不十分な現実

笑われてしまう中国語表記をなくすには?

日本の各地には多くの案内板がありますが、必ずしもすべてが多言語対応されているわけではありません。写真はイメージ(写真:muku/PIXTA)

筆者は日本各地で講演を行っているが、講演前後に必ず現地視察をするようにしている。外国人観光客目線で、この地域のどこが魅力的なのか、どこが観光客に受けそうか、そして何を改善すればいいのかを見つけ出すようにしているからだ。インバウンドの取り込みには、共通課題がいろいろとあることに気がつくが、いちばんの基本課題は、「正しい外国語案内」だ。

外国語案内は笑われるものではないはずだ

最近、中国のSNSだけでなく日本のテレビ番組まで、「面白すぎる外国語案内」などの話題を取り上げている。意味不明だったり、変な意味だったり、視聴者にとっては、「おかしい」と一笑に付すものにすぎないだろう。

筆者自身も、東京視察でも地方視察でも、「どういう意味??」「なんでこんな翻訳になったのかな!?」「全然違う!!」と思ってしまう中国語案内を必ず見つけてしまう。テレビのネタとしてはいいかもしれないが、せっかく外国人観光客へ向けた発信なので、「もったいない」と思う。そして、関係機関が連携してしっかり取り組む価値があると感じるようになった。

しかし、最初に言っておきたいのは、このように話題になるのも、間違いが多いのも、各地で外国人の受け入れに本格的に取り組むようになったからだろう。

今までは「一時的なものだから別に外国語案内を設置しなくてもいい」「(外国人観光客の悪いマナーを)我慢すれば、いずれいなくなる」と考えていたが、これからも外国人観光客が増えていく。そのためには、自発的な発信・案内が必要だと思うようになり、「外国語案内」が増えているのだ。

日本語は漢字・カタカナ・ひらがなが混在する言語であり、外国人観光客には理解しにくい(中華圏の人は一部の漢字がなんとくわかり助かる)。そのため多言語対応は必須だ。

どうして、おかしな外国語案内があふれているのだろうか。

次ページ汎用案内と専用案内の問題点
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。