社会保障改革提言で小泉進次郎氏を採点する

「100点満点」で結局「何点」をつけられるか?

さて、ここからは競馬ファン御用達のコーナーだ。いよいよ、今週末は競馬ファンにとって大切な「競馬の祭典」日本ダービーだ(26日東京競馬場11R、距離2400メートル)。

馬券のセオリーどおり、本命はヴェロックスで

1番人気は無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアだろう。皐月賞は長期休養明けに加えて、距離ロスを承知で外々を回る安全運転の結果ゴール前が際どかった。常識的には実力1番と評価すべきだが、初めての左回り・府中コース、乗り替わり、前走初めて厳しいレース、と小さくても不安視な材料がある。

人気馬の不安に注目し、不人気馬の長所と可能性に注目するのが、馬券のセオリーなので、筆者は本命としては買わない。

今年の本命には、皐月賞で不利を受けたヴェロックスを採る。昔から、「ダービーでは皐月賞のゴール後の伸びがよかった馬に注目せよ」という教えがある。ゴール後だが、サートゥルナーリアを抜き返して先頭を譲らなかったのがこの馬だ。コース経験もあり、レース経験も豊富だ。

対抗はもちろんサートゥルナーリアだ。素質と力量はこの馬が1番であることに間違いない。

「ダービーは運のいい馬が勝つ」と言われるくらいで立ち回りが大事なレースだが、ダノンキングリーは府中コースに慣れている。直線中央から外で争う前記2騎と離れた、通り慣れた最内を追い込んで来そうな本馬は侮れない。この馬が単穴で、皐月賞上位3頭はやはり高評価になる。

「3強」と事前に言われても、3頭そのままでは決まりにくいのが競馬だ。穴馬候補を探してみた。

まず、いかにもダービーに向きそうな血統で、前走青葉賞のレース振りがよかったランフォザローゼスに注目したい。加えて、ホープフルステークス(G1)でサートゥルナーリアとそこそこの競馬をしたアドマイヤジャスタを次走(すみれステークス)で破ったサトノルークス、もちろんアドマイヤジャスタも鞍上のミルコ・デムーロ騎手も込みの評価で押さえに採る。

最後に、大外枠を引いたのはかわいそうだがシュヴァルツリーゼは意外性のあるハーツクライ産駒で、キャリアが浅い分可能性を秘めている。2着に敗れた弥生賞は4コーナーで大きな不利があったが、よく立て直して伸びてきた。馬券は「意外性」へのヘッジとして、上記7頭の3連複をボックス買いして(35点になる)資金の3分の1くらい、残り3分の2は強弱を付けて馬単を中心に買って楽しみたい。 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT