日経平均がここから下がりにくいと考える理由

複数の「底入れシグナル」が点灯している?

日経平均が下げ渋っているのは、選挙が近いからだろうか?それだけではないようだ(撮影:尾形文繁)

日本株が下げ渋っている。米中摩擦の激化懸念が依然くすぶっているものの、代表的な指標である日経平均株価は終値で2万1000円台を維持している。テクニカル指標を見ると、売られ過ぎのシグナルが出ているものもある。今後はどうなるのか。日本株の見通しを探ってみた。

東証1部騰落レシオが約5ヵ月ぶりに70%台へ低下

よく「市場全体の体温計」ともいわれる騰落レシオが70%台まで低下してきた。同レシオは一定期間(通常は25日間)の値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の比率から算出され、百分比で表される。一般的に120~140%超が天井圏、100%が中立圏、70%前後が底値圏とされる。特に底値圏での信頼性が高いことから、押し目買いのタイミングを計るうえで有用な指標といえる。

東証1部騰落レシオと「主な背景」
1 2015年09月 64.4% 中国人民元切り下げ
2 2016年01月 53.8% 原油価格の急落
3 2017年04月 68.0% 仏大統領選懸念、北朝鮮リスク
4 2018年02月 71.8% 米中貿易摩擦の激化
5 2018年12月 65.6% 米景気減速懸念、原油価格急落
6 2019年05月 77.9% 米中貿易摩擦再燃

2015年以降を振り返えると、騰落レシオが低下した局面は相場の底値圏となっている。最近では2018年12月25日、米景気減速懸念と原油安が重なり、世界的な株安が加速した。このときの東証1部騰落レシオは65%台までの低下。結果的に、日経平均株価は1万9155円で底入れしている。一方、足元の騰落レシオは一時約5ヵ月ぶりに73%台まで低下(5月16日)しており、市場全体は売られ過ぎの水準に近づいている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。