今年は歯ブラシも赤ちゃんもネットに繋がる!

CESで浮かび上がったテクノロジーの最新トレンド

画像を拡大
シスコは「インターネット・オブ・エブリシング」を掲げた(AP/アフロ)

IoTを発展させ、「インターネット・オブ・エブリシング」を提唱しているのがシスコだ。「人、プロセス、データ、モノがネットに繋がると大きな経済価値が創出され、生活、都市、国が変わる」と、ジョン・チェンバース同CEO兼会長。 街の照明にセンサーを付けることで電気使用量を7割削減。さらに、ゴミ箱にセンサーをつけることで、どの程度のゴミが入っているかがリアルタイムでわかるため、ゴミ回収車の効率的な道のりを分析。ガソリン代を減らせるという。

こうした取り組みを行ったスペインのバルセロナ市は、シスコとの提携により、「スマートシティ」を実現したという。次のCES2015では、こうして集められたビッグデータの活用法が、 さらに深く討議されるかもしれない。

展示は無いものの、ネット企業も活躍

画像を拡大
ヤフーは新しいメディアサービスを発表した(UPI/アフロ)

家電とは直接の関係のないネット大手のヤフーにも注目が集まった。同社のマリッサ・メイヤーCEOがキーノートスピーチの1つに招待されていたからだ。

ヤフーはメディアカンパニーとしての色を濃くしている。ヤフーに転職した元CBSニュースアンカー、ケイティ・コリック氏や元タイム誌のコラムニスト、デイビット・ポーグ氏がメイヤーCEOとともに壇上に上がり、モバイル上で読める「ヤフー・テックニュース」と「ヤフー・フード」というオンラインマガジンを開始すると発表した。昨年は、アマゾンのジェフ・ベゾスCEOが個人でワシントンポストを買収し話題になったが、メディア激変は今年も続きそうだ。

CESのおもしろさは、公式に展示や公表されている技術会議だけでなく、さまざまな派生したイベントが周辺で行われていること。CESにはアップルは参加していないが、多くのアップル社員は参加している。アップルの一団が、展示中の会社の社員たちと盛んに名刺交換する姿を目撃した。ブースは設けているものの展示物がないグーグル社員も、活発に参加者と交流していた。また昨年11月に上場したツィッターも、ラスベガスでパーティーを開催している。

昨年、長年にわたってCESの中心的企業だったマイクロソフトが完全撤退。マイクロソフトの定席だった前夜祭のキーノートスピーチからも、スティーブ・バルマーCEOの姿がなくなった。

冒頭に触れたように、2013年のパソコンの出荷台数は前年比10%も減少している。いうまでも無く、マイクロソフトはパソコンの盟主。パソコンの時代の終焉とともに去るべき企業が去った、と言うこともできる。古いものが去ったことが奏功し、cesは新しい活気を生みつつあるのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT