今年は歯ブラシも赤ちゃんもネットに繋がる!

CESで浮かび上がったテクノロジーの最新トレンド

画像を拡大
コリブリー社の電動歯磨き。これ以外に、韓国の医療機器メーカーもスマホ連携歯ブラシを展示していた(ロイター/アフロ)

「IoT」の分野に参入しているのは家電メーカーだけではない。GPSを用いたポータブルナビゲーションシステムで知られるガーミンまでが「vvofit」という名のフィットネス用のリストバンドを展示していた。

韓国のLGエレクトロニクスは冷蔵庫や洗濯機をスマホでコントロールしたり、チャットできるネット家電が評判だった。パナソニックはネックレス型のウエアラブルデバイスを展示していた。これは、ネックレスに話しかけるだけでテレビのスイッチがついたり、カーテンが開く、というユーザーインターフェイス。実際に試してみると、「近くでおいしいイタリアンを食べたい」とつぶやくだけで、テレビ画面に近所のおすすめレストランの一覧が表示された。

画像を拡大
デルファイが展示したコネクテッド・カーのコンセプトカー

歯磨きの長さや磨き具合を検知して、スマホでチェックするコリブリー社の電動歯磨きもあった。またヒープロン社は、センソリア(Sensoria)という繊維がセンサーでランナーの運動量を測定し、スマホに表示するスマート靴下を展示。確かに多くの製品がネットに繋がる「IoT」を実現していた。

もうひとつ、注目すべき点は、クルマのインターネット化だ。会場にはクルマ関連の展示が多かった。特に、常にインターネットに繋がった「コネクティッド・カー」が目立った。運転席のダッシュボードに通信機能があり、 ナビゲーションや音楽やフェイスブックなどのアプリが使える。

自動車も常時接続

画像を拡大
「ドローン」(無人飛行機)の展示も目立った

アウディやGMのシボレーはAT&TのLTE(高速通信)と提携。ネットにコネクトすることでクルマの接触を回避したり、自動車事故の緊急通報システム、盗難車両追跡システムもできる。道路情報やレストランの予約、ネットのアプリケーションが使えるだけでなく、駐車場探しや駐車場代を車外に出なくても車内で支払いが近い将来行えるようになるという。

また冒頭の写真で示したように、電気自動車関連の展示も多かった。屋外の展示スペースは、さながらモーターショーのような様相になっていた。

モーターで動くもの、ということでは、ドローンの展示も多かった。昨年12月、アマゾンのジェフ・ベゾスCEOが、注文から30分以内に空から荷物を届ける「プライムエア」を明らかにしたこともあり、ここもホットな領域だ。

次ページIoTでスマートシティを実現
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT