今年は歯ブラシも赤ちゃんもネットに繋がる!

CESで浮かび上がったテクノロジーの最新トレンド

インテルのクルザニッチCEOはベビー服のコンセプトを発表

インテルの新プライアン・クルザニッチ氏は、ウェアラブルをサポートする埋め込み型チップ、エジソン(Edison)を6日の基調講演で発表。クルザニッチ氏は「エジソンはペンティアムクラスのコンピューティング性能を持つ」という。

画像を拡大
小さなチップの名前は「エジソン」(UPI/アフロ)

プレゼンの中で、クルザニッチ氏は、エジソンを埋め込んだデバイスが装着されたベビー服を見せた。乳児の体温を計測し、結果を親のスマートなマグカップに表示。こうすればコーヒーを飲みながらでも、赤ちゃんの健康状態が分かるというわけだ。インテルは「Make it Wearable Challenge」というウェアラブル開発のコンテストを行い、130万ドルを賞金としてウェアラブルの起業を後援するという。

だが、こうしたウェアラブルの盛り上がりに対し、否定的な声もある。10年連続でCESに参加している、某開発会社の社長は「技術者が大きな開発目的を見失い、スマートフォンに使われている内部技術を、そこかしこに製品に埋め込んだだけ。手や足に スマート時計やリストバンドなんか取りつけても、大きな価値を生み出すとは思えない」と首を傾げていた。

全てがネットに繋がる「IoT」

ソニーの「テニスセンサー」

仕組み的にはウェアラブルと似ている分野ではあるが、今年のCESでは「Internet of Things(IoT)」と呼ばれる、「モノのインターネット化」も目立った。 コンベンションセンターのセントラルホールにあるサムスン電子のブースには、スマホで操作できるスマート冷蔵庫が展示されていた。

同じホールのソニーは スマホに繋げ、歩数や移動距離を分析する手首に巻くスマートバンドを出展し、注目を集めていた。また、同社は、スマホと連携することでショットをタイムリーに分析できる「テニスセンサー」を参考展示。スイングスピードだけでなく、ボールのスピンなどのデータを確認できる。

次ページ歯ブラシにまで!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT