アリババが資生堂と世界初タッグを組んだわけ

「アリババ経済圏」入りで中国市場攻略の成算

アリババと資生堂は2019年3月に戦略業務提携を締結した。Tモールの日用消費財責任者の胡偉雄氏(右)と資生堂中国地域CEOの藤原憲太郎氏(左)(写真:アリババ)

中国・杭州市に本社を構える現地eコマース最大手のアリババグループ。同社が本社付近に設置した事務所には現在、日本を代表する化粧品メーカー、資生堂の社員12名が駐在している。

アリババは3月31日、資生堂と戦略業務提携の締結を発表した。資生堂と「資生堂×アリババ戦略連携オフィス」を立ち上げ、自社のeコマースサイト「天猫(Tモール)」で扱う専用商品の共同開発やブランドマーケティングで連携する。冒頭の事務所は、この戦略連携オフィスの拠点である。

アリババが今回のように特定の企業と連携した戦略組織を立ち上げるのは、日本企業だけでなく、世界企業においても初めてだ。2017年以降、資生堂の魚谷雅彦社長とアリババの張勇(ダニエル・チャン)CEOが月1~2回のペースで頻繁に交流を重ねてきたことで実現した。

「億元クラブ」入りを果たした資生堂

資生堂はアリババにとって重要な取引先の一つ。アリババは毎年11月11日の「独身の日」に大規模セールを実施する。2018年のセール時には、資生堂の高価格帯ブランド「SHISEIDO」が1日で1億元(16億円)以上の売り上げを計上。これにより、資生堂は1日に1億元以上を稼ぐTモールの「億元クラブ」入りを果たした。

「アクエア」のシャンプーとリンス。現地工場で生産も行う(写真:アリババ)

アリババはマーケティングプロモーションに強みを持ち、eコマースサイトのTモールや「淘宝(タオバオ)」といった多様な販売チャネルを有している。一方で、資生堂は研究開発やブランド戦略などに優位性を持つ。この両社の優れた点が融合する今回の提携は、両社にいくつかのメリットをもたらす。

メリットの1つは、新製品の開発だ。戦略連携オフィスでは、第一弾として資生堂が中国で展開するトイレタリーブランド「アクエア」のシャンプーとトリートメントを開発する。今年9月からTモールでの販売を目指す。さらに今後はベビー用のスキンケア製品も投入する予定だ。

次ページアリババが資生堂と組んで新ブランド立ち上げ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。