「日本の刑事司法制度」のここがおかしい!

オリンパス横尾とキャッツ細野が激白対談

会計評論家の細野祐二氏(右)と野村證券の元高崎支店長、横尾宣政氏(左)が自身の体験も踏まえ、日本の刑事司法のあり方について縦横に論じた(撮影:梅谷秀司)
何度も逮捕・勾留され続ける日産のカルロス・ゴーン元会長の例を引くまでもなく、日本の刑事司法のあり方に国内外から厳しい目が注がれている。
長期拘留や自白偏重など、日本の刑事司法の問題の根源には何があるのか。オリンパス巨額粉飾事件とキャッツ株価操縦事件でそれぞれ逮捕・起訴された野村證券の元高崎支店長、横尾宣政氏と会計評論家の細野祐二氏が対談した。
横尾氏は2011年に発覚したオリンパス事件で、2012年に逮捕・起訴され、史上最長、966日間勾留され続けた。法廷では一貫して無罪を主張したが、2019年1月、最高裁で上告が棄却され、懲役4年の実刑判決が確定した。ただ、4月24日現在未収監で、再審請求に向け準備中だ。
細野氏は元公認会計士で2004年3月、キャッツ株価操縦事件に絡み、有価証券報告書虚偽記載罪で逮捕・起訴。一貫して容疑を否認し無罪を主張するも2010年、最高裁で上告棄却となり、懲役2年(執行猶予4年)の有罪が確定している。
対談のノーカット全文版は週刊東洋経済プラスでご覧ください。

「横尾氏無罪」に100%の自信あり

――細野さんは4月25日に「横尾宣政さんの再審無罪を支援する会」を結成しました。なぜですか。

細野 横尾さんは無実だからだ。私は『粉飾決算VS会計基準』(2017年刊)において横尾さんの無罪を主張したが、今回、事件記録一式を拝見して、横尾さんの無罪をさらに確信するに至った。横尾さんは完全に無実であり、そのことに私は100%の自信がある。横尾さんは966日も拘留された。それ自体信じられないことだが、長期勾留はいかに有罪の証拠がなかったかの裏返しだ。

しかし、横尾さんのやってきたことは、あまりにも稚拙でみていられなかった。メディア対応を含めて、やらなければいけないことをやらずに、やってもしょうがないことを一生懸命やっている。言ってもしょうがないことをべらべらと話し、言うべきことを言っていない。そんなふうに思ってみていたところ、再審請求すると聞いた。

次ページ経済事件で再審無罪は1件もない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。