パラスポーツを全国小中高生が学ぶ授業の深み

あすチャレ!Schoolの取り組みとは

この「あすチャレ!School」が始まったのは2016年4月。「他人のことを自分ごととして考える心」「障がいとはなにか?」「可能性に挑戦する勇気」「『夢』や『目標』を持つ力」を、4つの学びとして授業の柱になっている。

2016年度は21都道府県116校、児童生徒1万8575人、2017年度は39都道府県263校、児童生徒4万2741人、2018年度は41都道府県296校、児童生徒4万6253人と年々開催校が増えてきている。2019年2月には47都道府県での開催を達成した。

講師には昨年4月から始めた永尾さんら、各競技経験者4人が派遣される。多くは専用の車で移動しているという。「2019年度は300校が目標。私も85、86校ぐらいは行きたいですね」と話した。

児童には車いすでの生活について「できないことはあります。階段は上れない。でもエレベーターがあれば、好きなところに行ける」と話し「障がいは工夫次第でなくすことができる」と説く。「眼鏡をかけている人は、見えるようにしている。歩けない人はいすに座っても動けないが、車いすなら動ける。体に障がいがあるということはどういうことか、考えてみてください」と優しく訴える。

人と人のつながりがあっての「バリアフリー」

パラリンピック開催決定を契機に、バリアフリーへの意識が高まっている。永尾さんは「ハード面では確かに高まっている。電車やバスやタクシーなども大事ですが、人と人のつながりがあってこそのバリアフリー」という。

授業の意義については「パラスポーツを通じて、その先の福祉、共生社会の実現に向けて、子どもたちの気持ちが変化してくれればいい」という。

小中学生にとっては、知らないことについての話や体験は、その後の振る舞いにつながる。感想を話した女子児童は「やってみておもしろいことが分かりました。(車いすの)生活は大変だと思った。授業で知ることができて、今までオリンピックだけ見ていたけど、パラリンピックを応援したい」と話していた。児童たちに響くものがあったのだろう。

「あすチャレ!School」はパラサポHPから実施を申し込める。

実施費用は1回3万円。2020年まで全国1000校での開催を目標にしている。日数や講師に限りがあるのは確かだが、小中学生のころにこうした授業を受けるのは「その先の未来」につながる。2020年以降も「その先」に向けた取り組みの大きな柱になりそうだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT