アベノミクス「2014年も買い」

大納会に初の現職首相出席、安倍首相がアピール

12月30日、安倍晋三首相は、東京証券取引所で行われた大納会で「来年もアベノミクスは買い」と宣言し、政権が進める経済政策の効果に自信を示した。写真は14日、都内で撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] -安倍晋三首相は30日午後、東京証券取引所で行われた大納会で「来年もアベノミクスは買い」と宣言し、政権が進める経済政策の効果に自信を示した。

1年間の取引を締めくくる大納会に現職の首相が出席したのは初めて。30日の東京株式市場で日経平均株価は年初来高値を更新し、2007年11月以来、6年1カ月ぶりの水準となる1万6291.31円で取引を終えた。

安倍首相は2013年の日経平均株価の上昇率がバブル経済の崩壊後で最大となる56.7%に達したことや、企業の収益と今冬のボーナスが増加したことなどに触れ、「3本の矢」による新たな経済政策によって「経済はマイナスからプラスに大きく転じた」と強調。景気が良い循環に入るよう「私も来年、一生懸命に頑張る」と述べ、「来年もアベノミクスは買いだ」と証券関係者らにアピールした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。