相鉄「都心直通」2つの新型車両はここまで違う

同じ「ネイビーブルー」でもまったく別物

20000系の車内では天井中央のデジタルサイネージ表示器が目立つほか、扉の手すりなども異なる(筆者撮影)

共通点が多く感じる車内にも違いはある。いちばん目立つのは車内サイネージ。20000系は21.5インチの大型液晶表示器を扉上に1個と天井中央の枕木方向に配置しているのに対し、12000系は扉上に17インチワイドの液晶表示器を2個配置している。

12000系(左)の液晶表示器は扉上に2個配置。表示器の右上に防犯カメラを設置している。20000系(左)は天井中央のほか、扉上に液晶表示器を1個設置。出入り口部分の吊革の配置方法も12000系と異なる(筆者撮影)

ただし、画面のヘッダ部分のデザインを多言語同時表示とするなどの共通項はある。

20000系では優先席の一部に採用されたユニバーサルデザインシート(UDシート)が話題となった。UDシートは立座りの負担を減らす目的で座面の高さを520mmと高く、奥行きを372.4mmと浅くしたのが特徴。また、荷物を座席下に置くことを前提として荷棚を廃止した。

乗って違いを探してみよう

20000系のUDシートは少し高目で荷棚が設置されていない(筆者撮影)
12000系ではUDシートの高さが30mm低くなり、荷棚も復活した(筆者撮影)

UDシートは12000系も採用したが、20000系の実績を反映し、座面の高さを30mm低くするとともに荷棚を復活させた点が異なる。さらに12000系ではUDシートの一般席も設定。中間車全車両のUDシート優先席・UDシート一般席、フリースペースの位置を統一した。

また、12000系では客室内に防犯カメラが設置されてセキュリティーが強化されている。ただし防犯カメラやUDシートの改良は20000系量産車でも反映される可能性があるので、違いはなくなるかもしれない。

そのほか台車の軸箱支持方式や空調装置など、相違点だらけの12000系と20000系。マニアックな人ならインバータの磁励音が違うと指摘する人もいるだろう。12000系の営業運転開始は4月20日からなので、ぜひ20000系と乗り比べて、その違いを探し出してみてほしい。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。