都営三田線「8両化」乗り入れ各社はどう動く?

新車は近畿車輛が落札、目黒線も駅改修進む

都営地下鉄三田線の車両(6300系)。現在の車両はすべて6両編成だが、8両化に向けた計画が動き出している(写真:Daisuke Shibuya / PIXTA)

いつ乗っても混雑している印象がある都営地下鉄三田線。現在は20m車両の6両編成で運転されているが、ホームは8両編成分ある。

いつかは8両になるのだろうか……と思っていると、興味深い話が東京都交通局のホームページで公開されている「都営交通お客様センター等に寄せられたお客様の声」に掲載された。今年5月分で紹介された、三田線の混雑緩和について交通局の姿勢を問う声と、その回答だ。

「車両数を6両から8両に増強」

この意見では、三田線の利用者が「ここ数年で以前より混雑度が上がっていると感じている」とした上で、「今年度に入ってからは特に酷いのではないでしょうか。乗り切れなかったり、遅延したりすることもあります」と、悪化する混雑の状況を説明している。そして「6両では既にもう無理なのではないかと思います」と主張している。

これに対する東京都交通局の回答は以下の通りだ。

三田線の混雑により御不便をお掛けし申し訳ありません。
現在、相互直通運転を行っている東急目黒線を含め沿線地域の開発が進み、お客様の増加が見込まれるため、今般、一編成当たりの車両数を6両から8両に増強することとし、必要な駅施設の改修等に平成30年度から着手することといたしました。

この回答には「8両に増強」「平成30年度(2018年度)から着手」との文言が入っている。そして東京都交通局の入札経過調書では、7月10日に「三田線車両の製造」を近畿車輛株式会社が落札したという。つまり、新車を導入するわけだ。

そこで、東京都交通局に三田線の8両編成化について聞いてみた。

次ページ導入予定の三田線新車は8両編成
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT