都営三田線「8両化」乗り入れ各社はどう動く?

新車は近畿車輛が落札、目黒線も駅改修進む

東京都交通局によると、三田線の8両化については相互直通運転先の東急電鉄、東京メトロと協議しているとのことだ。7月末の段階では「するかどうかはまだ決まっていない」とのコメントだったが、「入札を行った新車は8両編成の車両なのでは?」と聞くと、「8両編成」とのことだった。

8両編成の新車をいつから運行するかは、他社と話し合っているとのことである。ちなみに、もしも協議が不調となった場合、8両編成の新車は三田線の西高島平―白金高輪間のみの運行にするのか、あるいは2両を減車する(6両にする)のかは決まっていないという。

目黒線・南北線も構造的には可能

相互直通相手の路線を運営する鉄道会社にも話を聞いてみた。東急目黒線は奥沢駅を除いてすでに8両編成に対応できる構造になっており、奥沢駅では現在、8両編成対応のための工事を行っている。

東急電鉄に同駅の工事はいつ終わるのか聞いてみたところ、「まだ(終わる予定は)示せない」との答えが返ってきた。さらに「その際に新車を導入する予定はあるのか?」と聞いたところ、未定だという。だが、奥沢駅のホーム延伸工事が終われば目黒線は8両編成が運転できるようになる。そうすれば、三田線から8両編成が乗り入れることは可能となる。

ホームドアが設置された東京メトロ南北線の駅。現在は6両のみの運転だが、駅ホームは8両編成分の長さがある(撮影:梅谷秀司)

では、南北線を運行する東京メトロはどうか。同社に「三田線や東急目黒線に合わせた8両化は行うのか?」と聞いたところ、「現時点では(その計画は)描けていない」と回答があった。ただし、東京メトロ南北線の駅施設は8両編成に対応できる構造だ。

これらのことから各線の現状を整理すると、8両編成化に動き出した三田線に対して、東急目黒線は奥沢駅ホームの工事が完成すれば8両編成の運転が可能、東京メトロ南北線は8両編成化については様子見だが施設面は対応できる、ということになる。

次ページ「相鉄・東急直通線」も意識した動き
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT