東横線「新横浜直通」で新幹線アクセス激変か

東急エリア住民は品川乗り換えからシフトも

相模鉄道が今年2月から運行を始めた新型車両「20000系」。2022年度下期に相鉄が東急線に乗り入れる際に使われることが想定されている(撮影:尾形文繁)

首都圏の大手私鉄で唯一都心に乗り入れていないのが神奈川県地盤の相模鉄道、通称「相鉄」だ。その悲願である都心乗り入れに向け工事が着々と進行している。目下、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が相鉄線・西谷と東京急行電鉄東横線・日吉を結ぶ新線を建設中。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そのうち、相鉄・JR直通線(西谷―羽沢横浜国大間)は2019年度下期に完成し、相鉄とJRの直通が実現する。JR乗り入れ後は湘南新宿ラインと同じルートで武蔵小杉、大崎、渋谷、新宿へ向かう。さらに池袋、大宮方面まで走る可能性もある。また、横浜市は東海道線への乗り入れによる品川、東京方面への直通を要望している。

残る相鉄・東急直通線(羽沢横浜国大―日吉間)は2022年度下期完成の予定だ。このルートでは、相鉄線は日吉で東急東横線と直通する。日吉―田園調布間は東横線との複々線という形で目黒線も走っており、相鉄線は目黒線とならスムーズに直通できそうだ。

渋谷乗り入れは難しい?

では相鉄・東急直通線の列車は目黒方面ではなく、一部の列車だけでも渋谷方面に向かうのか。さらに渋谷から東京メトロ副都心線経由で西武鉄道池袋線や東武鉄道東上線に乗り入れる可能性はあるのか。

次ページ相鉄の渋谷乗り入れによるメリットとは?
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。