東横線「新横浜直通」で新幹線アクセス激変か

東急エリア住民は品川乗り換えからシフトも

相模鉄道が今年2月から運行を始めた新型車両「20000系」。2022年度下期に相鉄が東急線に乗り入れる際に使われることが想定されている(撮影:尾形文繁)

首都圏の大手私鉄で唯一都心に乗り入れていないのが神奈川県地盤の相模鉄道、通称「相鉄」だ。その悲願である都心乗り入れに向け工事が着々と進行している。目下、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が相鉄線・西谷と東京急行電鉄東横線・日吉を結ぶ新線を建設中。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そのうち、相鉄・JR直通線(西谷―羽沢横浜国大間)は2019年度下期に完成し、相鉄とJRの直通が実現する。JR乗り入れ後は湘南新宿ラインと同じルートで武蔵小杉、大崎、渋谷、新宿へ向かう。さらに池袋、大宮方面まで走る可能性もある。また、横浜市は東海道線への乗り入れによる品川、東京方面への直通を要望している。

残る相鉄・東急直通線(羽沢横浜国大―日吉間)は2022年度下期完成の予定だ。このルートでは、相鉄線は日吉で東急東横線と直通する。日吉―田園調布間は東横線との複々線という形で目黒線も走っており、相鉄線は目黒線とならスムーズに直通できそうだ。

渋谷乗り入れは難しい?

では相鉄・東急直通線の列車は目黒方面ではなく、一部の列車だけでも渋谷方面に向かうのか。さらに渋谷から東京メトロ副都心線経由で西武鉄道池袋線や東武鉄道東上線に乗り入れる可能性はあるのか。

次ページ相鉄の渋谷乗り入れによるメリットとは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT