相鉄「二俣川駅再開発」で得するのは誰なのか

「運転免許試験場の街」が大きく変わる

相鉄二俣川駅に開業した「ジョイナステラス」。2棟からなる施設で、写真は「ジョイナステラス1」(筆者撮影)

相模鉄道(相鉄)がこれからの時代を見据え、大きくその沿線の姿を変化させようとしている。

4月27日、二俣川駅(横浜市旭区)に相鉄グループの新しい商業施設「ジョイナステラス二俣川」が開業した。2棟からなる「ジョイナステラス」の店舗数は開業時点で約90店と、横浜市西部エリアでは最大規模だ。

「ジョイナステラス二俣川」開業記念セレモニーで相鉄のキャラクター「そうにゃん」と笑顔で手を組むダレノガレ明美さん(筆者撮影)

開業セレモニーには相鉄沿線出身のモデル、ダレノガレ明美さんが出席し、「(新施設は)1日いても、毎週来ても飽きない感じがする。なので、皆さんたくさん来て、たくさん買い物をして、おいしいモノを食べて楽しく帰ってもらえればいいなと思う」と祝辞を送り、テープカットを行った。午前10時のオープン時には2000人もの人が列を作り、新しい商業施設は華々しく開業した。

免許試験場でおなじみの二俣川

二俣川は相鉄の本線といずみ野線が分岐する要の駅。北側約1kmのところに神奈川県内唯一の運転免許試験場があり、県内では「二俣川といえば運転免許試験場」というイメージが強い。駅周辺には県立がんセンターをはじめとする公共施設も多く、そのこともあってか乗降客数は相鉄全線で4番目に多い1日約7万8000人(2017年度)。さらにバスで1日約2万人が同駅を訪れる。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

今回の「ジョイナステラス二俣川」開業にあたっては2つの事業が行われた。1つは二俣川駅の駅舎増築、もう1つは南口の再開発事業で、駅舎増築で造られた商業フロアが「ジョイナステラス2」、南口再開発事業で造られた複合施設の商業棟が「ジョイナステラス1」だ。

次ページ渡り廊下で接続された2つの棟
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT