速報!小田急「ダイヤ改正後」の駅別利用状況

京王と激突「多摩センター」利用人数に大異変

小田急電鉄が3月17日に実施したダイヤ改正後の利用状況を発表した。ライバル、京王電鉄は座席指定列車「京王ライナー」の導入や運賃値下げで対抗したが、結果はいかに(写真左:HAYABUSA/PIXTA、写真右:尾形文繁撮影)

複々線化によって線路容量が増えるというメリットを生かした3月17日の小田急電鉄のダイヤ改正から2カ月が過ぎた。

新ダイヤでは運行本数増、混雑率緩和、スピードアップなどが図られるため、競合路線から旅客がシフトし、小田急は「鉄道収入が3年後に50億円プラスアルファ増える」と算段していた。初年度に目標の6割を達成し、2年目に9割、3年目に100%達成するというイメージだという。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

この50億円プラスアルファとは人数に直すとどれくらいなのだろうか。小田急の星野晃司社長は、「乗降客数が4~5%増えることになる」と語っていた。大ざっぱに見て1日の利用者が4万~5万人増えるということだ。

では、小田急はもくろみどおりのスタートダッシュを切れたのだろうか。

定期外では目標達成?

4月27日、小田急は3月末時点における前年同月比の鉄道利用状況を開示した。路線全体の輸送人員を見ると、通勤定期利用者が1.7%増、定期外利用者が2.4%増という結果だった。2017年度の1年間を通じて見ると、通勤定期利用者が1.4%増、定期外利用者が0.6%増であり、3月の伸び率は年平均よりも突出している。とりわけ定期外の伸びが大きい。3月におけるダイヤ改正後の日数は17日から31日までの15日間のみだったことを考慮すれば、複々線化効果は目に見える形で発現したと思われる。

ちなみに星野社長の言う「4~5%増」の目標のうち、初年度に6割を達成するということは2.4~3.0%増に相当する。通期定期は1.7%増で未達だが、定期外は2.4%となったため、達成できていることになる。通勤定期よりも定期外の利用者のほうが伸びているのは、定期外利用者は思い立ったらすぐに乗れるのに対して、通勤定期利用者は定期券の切り替えのタイミングを待つ必要があるからだろう。

同時に小田急は主要駅の対前年増減率も開示している。まず新宿駅では通勤定期が2.0%増、定期外が3.7%増という結果になった。全線平均の状況とよく似ている。

次ページ主な駅の利用状況は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT