東横線「新横浜直通」で新幹線アクセス激変か

東急エリア住民は品川乗り換えからシフトも

相鉄側の計画では目黒と渋谷、両方面と直通することになっている。一方の東急側は「両方につながる」と言いながらも、公式資料に記載された路線図を見るかぎり、相鉄線が渋谷に直通するようには思えない。東急関係者の間でも「渋谷方面は難しいのではないか」とささやかれるなど、渋谷直通には消極的に見えた。

だが、実は東急側も相鉄線の渋谷直通の実現に大きな期待を持っている。「相鉄・東急直通線が渋谷まで直通することは、当社にとってもメリットが大きい」と、東急のIR(投資家向け広報)担当者は明かす。

東急側のメリットとは何だろう。直通線の完成によって利便性が高まった相鉄線沿線に移り住む人が増えれば、東横線経由で都心に出る人も増え、東急の利用者増につながるという点がまず考えられる。

しかし、東急が狙っているのはそんな他力本願ではなかった。「直通線ができることによって、東急線と新横浜とが結ばれ、東急沿線の利便性が高まる」(東急IR担当者)。

東急東横線の車両。東横線が相鉄と相互直通すると、渋谷と新横浜が結ばれることになる(写真:HAYABUSA/PIXTA)

東急沿線の利便性の拡大。これは利便性向上で沿線の価値を高めるという、東急グループの創業者・五島慶太が行っていた伝統的な戦略であり、東急の発想の原点ともいえる。

都心のターミナル駅への移動をいかに便利にするかに力を注ぐだけでなく、各路線の拠点駅同士を結ぶ路線の強化にも腐心してきた。東急の蒲田駅と京浜急行電鉄の京急蒲田駅を鉄道でつなぐ「蒲蒲線」構想も、わざわざ都心に出なくても羽田空港に行けるようにするという、東急沿線の利便性拡大、価値向上が目的の1つである。

西谷―日吉間には羽沢横浜国大、新横浜、新綱島の3駅の新設が予定されている。中でも利便性が高いのが新横浜駅だ。新横浜は言わずと知れた東海道新幹線の停車駅である。東京、品川、名古屋、京都、新大阪と同様にすべての新幹線が停車するため、利便性は高い。

新幹線乗車が品川から新横浜へ

新横浜に乗り入れる在来線はJR横浜線と横浜市営地下鉄ブルーライン。東横線の利用者が新横浜に向かう場合は菊名で横浜線に乗り換える必要があったが、相鉄・東急直通線が完成すれば新横浜まで乗り換えなしで結ぶこのルートを選ぶ人も出てくるだろう。菊名乗り換えと比べて所要時間がどのくらい短縮されるかは明らかになっていないが、新横浜に1本で行ける便利さに引かれる人は少なくないはずだ。

また、これまであざみ野で市営地下鉄に乗り換えて新横浜へ向かっていた田園都市線利用者にとっては、二子玉川で大井町線に乗り換えて自由が丘に向かい、そこから東横線に乗るという選択肢も生まれる。

次ページ渋谷―新横浜直通の実現を阻む課題とは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。