英議会がEU離脱案の主要部分否決、混迷深まる 

EUは否決受け4月10日の首脳会議開催を決定

3月29日、英議会は欧州連合(EU)離脱協定案の主要部分を巡る採決を行い、286対344で否決した。否決を受け、EUのトゥスク大統領は4月10日にEU首脳会議を開くことを明らかにした。写真は同日、議会で演説するメイ首相(2019年 ロイター)

[ロンドン/ブリュッセル 29日 ロイター] - 英議会は29日、欧州連合(EU)離脱協定案の主要部分を巡る採決を行い、286対344で否決した。メイ首相の離脱協定案が議会で否決されるのはこれで3回目。可決されていれば離脱期日の5月22日までの延期に道が開かれていた。

再び否決されたことで、離脱時期だけでなく、実際に離脱するのかを含め一段と混迷が深まり、外国為替市場で英ポンド相場が下落するなどの動きが出た。

否決を受け、EUのトゥスク大統領は4月10日にEU首脳会議を開くことを明らかにした。

EUは先の首脳会議で、英議会で離脱協定案が承認されない場合は4月12日まで離脱期日を延期するとしていた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT