広島カープ「壮絶すぎるチケット購入」の舞台裏

抽選券求めて飛び交う怒号、5万人超が殺到

チケット購入に必要な整理券を獲得する抽選券を求め、5万人超がマツダスタジアムに殺到した(写真提供:ひろスポ!)

今年も広島東洋カープのチケット争奪戦は壮絶を極めた。3月1日の発売開始からわずか2日間で指定席はすべて完売し、残ったのは内野自由席とビジターパフォーマンス席(カープの対戦相手チームのファンが応援するための席)のみ。

発売日前の2月25日には「チケットを購入するために必要な整理券を獲得するための抽選券」が広島市のマツダスタジアムで配布された。5万人を超える人が球場に殺到。周辺道路にも人があふれ、高速道路や主要幹線で大渋滞が引き起こされる事態に発展、大混乱となった。

テント村発生は阻止したが…

カープは長年、そのシーズンにカープ主催で開催される公式戦全試合のチケットを、3月1日に本拠地・マツダスタジアムの窓口で販売してきた。

年間シートの販売と、年間シートホルダーおよびファンクラブ会員対象の優先販売は2月下旬まで行われるのだが、年間シートは前年からの更新者と球団スポンサーへの割り当てなどで枠がすぐにいっぱいになる。

ファンクラブ会員枠も同様で、そもそも他球団は複数のランクを設け、なおかつ定員も設けていないが、カープは定員を設けているので、更新しなかった人が出た場合のみ補欠募集をする。したがって、そもそもファンクラブ会員になること自体が大変な狭き門なのだ。

当然、一般販売以前に座席は相当数が完売となるため、一般販売もまた大変な競争率になる。

次ページ今年は「テント村」が発生しないわけ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT