広島カープ「壮絶すぎるチケット購入」の舞台裏

抽選券求めて飛び交う怒号、5万人超が殺到

チケット購入に必要な整理券を獲得する抽選券を求め、5万人超がマツダスタジアムに殺到した(写真提供:ひろスポ!)

今年も広島東洋カープのチケット争奪戦は壮絶を極めた。3月1日の発売開始からわずか2日間で指定席はすべて完売し、残ったのは内野自由席とビジターパフォーマンス席(カープの対戦相手チームのファンが応援するための席)のみ。

発売日前の2月25日には「チケットを購入するために必要な整理券を獲得するための抽選券」が広島市のマツダスタジアムで配布された。5万人を超える人が球場に殺到。周辺道路にも人があふれ、高速道路や主要幹線で大渋滞が引き起こされる事態に発展、大混乱となった。

テント村発生は阻止したが…

カープは長年、そのシーズンにカープ主催で開催される公式戦全試合のチケットを、3月1日に本拠地・マツダスタジアムの窓口で販売してきた。

年間シートの販売と、年間シートホルダーおよびファンクラブ会員対象の優先販売は2月下旬まで行われるのだが、年間シートは前年からの更新者と球団スポンサーへの割り当てなどで枠がすぐにいっぱいになる。

ファンクラブ会員枠も同様で、そもそも他球団は複数のランクを設け、なおかつ定員も設けていないが、カープは定員を設けているので、更新しなかった人が出た場合のみ補欠募集をする。したがって、そもそもファンクラブ会員になること自体が大変な狭き門なのだ。

当然、一般販売以前に座席は相当数が完売となるため、一般販売もまた大変な競争率になる。

次ページ今年は「テント村」が発生しないわけ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。