「風通し」がいい会社と悪い会社の根本的な差

「うちは風通しがいい」という会社ほど程遠い

風通しのよい会社かどうか判断する質問の「④組織に所属する人たちがお互いのことを本当の意味でよく知っていますか」が、問うているのは、毎日言葉を交わすとか、付き合いが長いといった表面的な関係性のことではありません。

その人がどんな生い立ちで、何を目指してこの会社に入ってきて、何をしようとしているのか。将来は、どんな夢を持ち、そのためにどんなことを学び、努力をし続けているのか。今、彼(彼女)にはどんなトピックスがあり、それに対してどんな気持ちを持っているのか――こういう奥の深いところまで理解して初めて、「よく知っている」と言える。そう私は考えています。

重要なのは皆の話を聞くこと

近年、そういう個人の事情について聞くことが困難になっているのは事実です。立ち入ったことを聞くと、たとえ善意でもハラスメントだと受け取られかねません。そんなこともあり、職場における人間関係の希薄化が進んでいます。

私からすれば、こうした状況を放置していることが、「場当たり的」組織運営だと言わざるをえません。放っておけば、今後ますますこの傾向は強まっていくでしょう。

しかし、それでは仕事上いいパスが出し合えるとは思えません。

「彼ならこのことに興味があるはずだから彼にやらせてみよう」「彼はあの件で今は手がいっぱいに違いないので、頼むのははばかれる」「彼女は今までこんなことに頑張ってきて得意だ」などなど。

その人の経歴、実績、性格などがわかっていて、初めていいパスが出せるのです。少なくとも上司の立場にいる人は、こうした個々の事情を把握するために、全員に取材をさせてもらうくらいの努力はしてもらいたいものです。

「そのへんは、部会で飲みに行くという形でやっています。若い人も意外と飲み会を嫌がらなくて仲良くやっていますよ」

そう言う方もいることでしょう。もちろんそうした親睦会的なコミュニケーションの効用は否定しません。ただし、冷静に実態を見た場合に、上司が言いたいことを言って、気分をよくするだけの飲み会になっていないかは気をつけたほうがいいでしょう。飲み会をセットしただけで関係性の構築、向上につながると安易に考えてはいないでしょうか。

『「場当たり的」が会社を潰す』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

もしも飲み会の開催そのものが何らかの決め手になると考えているのならば、考えを改めてみてはいかがでしょうか。少なくとも上司としては飲み会に当たって、それぞれの部下に話を事前に聞いたうえで、飲み会の場で誰に何を話してもらえばいいかといったことまで周到に準備するくらいの工夫は必要です。

家であれば、窓を開ければ風は通ることでしょう。しかし、職場など組織における「風通しのよさ」は、成り行きまかせにしていて自然につくれるものではありません。組織を構成する人全員、とりわけ上に立つ人たちが努力をし続けてこそ成立するのです。

歓送迎会などが多いこの季節、飲み会に出席する部長さんたちは、「無礼講だ」などと浮かれて、言いたいことを言って悦に入るのではなく、皆の話を聞くことを心がけていただきたいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT