アップルが「iPad Air」とminiを刷新の深いワケ

iPad miniは3年半ぶりのモデルチェンジ

iPad mini 4は2015年9月に発表された製品なので、3年半ぶりのモデルチェンジということになる。しかも最大のニュースは、7.9インチモデルでApple Pencilをサポートしたことだろう。またステレオスピーカーにも対応した。

これまでApple Pencilは、iPad Proからサポートが始まり、2018年10月に発売された現行のiPad Proでは第2世代のApple Pencilがリリースされている。その一方で2018年3月に発売された廉価版iPad第6世代でも、初代Apple Pencilが利用できるようになり、iPad製品群の中でApple Pencilが利用できなかったのは2015年以来アップデートされていなかったiPad mini 4のみとなっていた。

今回のアップデートを整理すると、10.5インチのiPad ProをiPad Airとして改名したうえで最新のA12 Bionicチップを搭載。また7.9インチのiPad mini 4を、ディスプレーやプロセッサー、カメラを改良し、iPad Airと同等のスペックを用意した。これによって、iPadのラインナップすべてがApple Pencilに対応し、「ペンで操作できるタブレット体験」がiPadの標準となった。

文房具としてのiPadとApple Pencilの活用に期待

Apple Pencilは当初、グラフィックなどの繊細な作業にも対応できる精度と描き心地を売りにしたタブレットペンで、iPad Proではディスプレーの反応速度を向上させるなどして、魅力を高めてきた。一方でアップルはiOS標準の「メモ」やPDFへの書き込み機能を充実させ、Pages・Numbers・KeynoteアプリでもApple Pencilによる描画に対応させるなど、アートやデザイン以外のApple Pencilの用途を拡大させてきた。

今回、7.9インチサイズのiPad miniがApple Pencilに対応したことで、さらに文房具としてのiPadとApple Pencilの活用にも期待を寄せたいところだ。

例えば、Apple Pencilを画面でタッチすると、直前まで手書きしていた「メモ」アプリのページが瞬時に開いてメモが取れる状態になる。紙とペンに迫る直感的なスピードだ。書いたモノはデジタルで保存できるだけでなく、打ち合わせの相手やチームにすぐにメールで送れる。あるいは、届いた書類の赤入れをペーパーレスで行って、そのままメールですぐに返すこともできる。

企業の中でいちばんペーパーレス化してほしい人にiPad miniを持ってもらうことで、仕事のスピードが劇的に変わる可能性もあるかもしれない。

今回の刷新では、iPad第6世代は仕様も価格(3万7800円~)も据え置かれた。iPhone 7に搭載されたものと同じA10 Fusionチップを搭載する9.7インチタブレットで、教育市場や企業への大量導入で人気のあるモデルだ。アップルもウェブサイトで「最も人気が高いiPad」と紹介している。こちらもApple Pencilに対応する。

次ページ続いて価格が安いのが「iPad mini」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。