アップルが「iPad Air」とminiを刷新の深いワケ

iPad miniは3年半ぶりのモデルチェンジ

続いて価格が安いのが4万5800円~の7.9インチiPad mini。そして5万4800円~の10.5インチiPad Airとなる。iPad Airは先述のとおり、iPad Proと同じSmart Keyboardが利用できることから、文字入力を積極的に行いたい、ドキュメント作成の割合が多い人にとっては、iPad Airがおすすめとなる。

今回、追加された2モデルはA12 Bionicチップを搭載していることから、2〜3年程度の息の長い製品となることが期待される。また、これまでのiPadの筆者の使用経験から考えても、家庭であまり持ち出さない用途であれば4〜5年、積極的にモバイルする人でも3〜4年は第一線で活躍してくれることになるだろう。

ここで問題になるのがストレージだ。長く使えば、写真やビデオ、アプリ、ゲームなどでストレージ容量を消費していくことになる。64GBモデルと256GBしか用意されておらず、より長く使うことを見据えるなら256GBモデルを選んでおきたいところだ。

別の視点から見ると…

今回のモデル展開を別の視点から見ると、新たに追加されたハードウェアは存在していない。iPad miniも、これまで販売されてきたiPad mini 4のデザインをそのまま使っているし、新しいiPad Airは併売されてきた10.5インチiPad Proそのものだ。さらにいえば、iPad(第6世代)は2013年10月に発表された初代iPad Airのボディをそのまま使っている。

もちろん、それぞれの製品でチップやディスプレーを最新のものに置き換えたり、とくにiPad miniについてはスピーカーをステレオにするなど、細かい仕様変更を行っている。しかし、いったんなくなったモデル名を復活させたり、以前のハードウェアデザインを引き継いでいるなど、非常に効率的に製品ラインナップを拡充させていることがわかる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。