爆売れ「八天堂のくりーむパン」の意外な軌跡 倒産寸前に陥った老舗は、こうして再起した

印刷
A
A

結局、弟からは1000万円を借りた。だが、数カ月の猶予ができたにすぎない。経営を立て直すため、根本的にビジネスモデルを変える必要があった。そんな時、地元のスーパーの「天然酵母の袋詰めパンがあったらいいのに」という声を受け、製造・卸売りを始めたところ大ヒット。経営状態は回復し、業績も好調が続いた。

しかし他社も参入し始め、次第に売り上げは停滞していく。2度目の経営危機だった。そのときに孝雅氏が考えたのが、約100種類あったパンを1つに絞ることだった。

「うちのような中小企業は、資本も資源もありません。だからこそ、選択と集中が必要だと考えたのです。100種類から1種類に絞ることで、商品開発にも100倍のエネルギーを費やせるようになりますから。同じく三原市にある菓子メーカーの共楽堂さんが、マスカットと求肥を組み合わせた『ひとつぶのマスカット』という商品を開発し、東京の一流デパートでも扱われるほど人気になったことにも勇気づけられましたね」

「口どけ×クリームパン」という組み合わせ

飽きられない、たった1つのパンを探した末に…(筆者撮影)

では商品を何に絞るのか。孝雅氏はこれまで1万点以上のパンを開発してきた。しかし、一時的に客の注目を集めても、すぐ飽きられることがほとんどだった。その理由について、「奇をてらったものばかりつくっていたからです」と分析する。長く愛される商品は、どのように開発すればいいのか。悩む孝雅氏に啓示を与えたのは、経済学者シュンペーターの言葉だった。

「“あるもの”と“あるもの”を組み合わせたときイノベーションは起こる。その“あるもの”とはスタンダードなものである、という言葉が稲妻のように入ってきました」

頭に浮かんだのは、「口どけ×クリームパン」という組み合わせだった。焼きたてのクリームパンはおいしいが、冷めると口どけで洋菓子にかなわない。また共楽堂のように、東京で販売することも考えたとき、広島で製造して運ぶことになる。時間が経過しても、味が落ちない商品をつくる必要があった。

試行錯誤を重ねた日々があった(写真はカフェリエのスタッフ。筆者撮影)

そこからは試行錯誤の連続だった。口どけをよくするため、カスタードに対し生クリームを多めに配合してみては。いや、それでは焼いたときに流れ出てしまう。パンを切って後からクリームを搾り入れたらどうか。手間がかかるからシュークリームのようにポンプで入れてみては。パン生地に使う小麦粉の配合はどうするか。パンとクリームの一体感を出すには……などなど。

周囲を説得することも楽ではなかった。商品を1つに絞ることに対し、誰もが大反対だったという。

「社員からは『うまくいくとは思えない』『ついていけません』という声が相次ぎました。2代目からは『いよいよおかしくなったか』と、考え直すよう延々説得されましたね。商品を卸していたスーパーや量販店からも激怒され、出入り禁止になったお店もあったほどです」

それでも孝雅氏は、考えを決して変えず、商品開発に取り組み続けた。それくらい、クリームパンに社運と人生を懸けていた。離れていった社員や取引先もあったが、孝雅氏の覚悟を感じてくれたのか、応援してくれる人も現れるようになった。

次ページそして1年半の開発期間を経て…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT