「転職を続ける40代男性」を支持する妻の真意

なぜ6回にも及ぶ転職を応援してくれたのか

現状に不満があると、無意識のうちに行動に現れて家族にも不安を与えてしまいます(写真:polkadot /PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

はじめまして、中村と申します。40代、既婚、子供1人の男です。ITエンジニアとして15年経ちました。
昨年に現在の会社へ入社しましたが、転職活動中に聞いていた内容と実際の業務に乖離があり、やりがいを求めて入社したものの、後悔の念に駆られています。
入社時にしっかりと確認できなかった私が反省をしなければならないということもわかっています。
これまで6回転職して、すぐ後悔して、すぐに転職が頭によぎってしまう私はダメな人間なのではないかと考えたり、いつも転職を応援してくれる妻に申し訳ない気持ち、情けない気持ちでいっぱいになります。
そもそも40代で7回目の転職が厳しいということもわかっています。転職を考えている自分が甘ったれなだけだと思い自分を叱咤してみても、前向きになれない自分が情けなく悔しくて毎日気分が落ち込んでる状態です。
何かご助言いただけますと幸いです。
会社員 中村

とことん考え、同じ過ちを繰り返さない

現状を望ましくないと考えており、なおかつ改善の兆しがないのであれば転職を検討するべきでしょう。

この連載の記事一覧はこちら

ただし、なぜそのような状態に自分が陥ってしまったのかをとことん考え、同じ過ちを繰り返さないことができれば、という前提ではあります。

頂戴した文章を拝見するに、中村さんはご家族の気持ちを考えることのできる心優しい方のように見受けられますし、またそのような中村さんを懸命に応援し、ついてきてくれるすばらしい奥様をお持ちのようです。

次ページ転職を応援し続けた妻の気持ちとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT