「転職を続ける40代男性」を支持する妻の真意

なぜ6回にも及ぶ転職を応援してくれたのか

現状に不満があると、無意識のうちに行動に現れて家族にも不安を与えてしまいます(写真:polkadot /PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

はじめまして、中村と申します。40代、既婚、子供1人の男です。ITエンジニアとして15年経ちました。
昨年に現在の会社へ入社しましたが、転職活動中に聞いていた内容と実際の業務に乖離があり、やりがいを求めて入社したものの、後悔の念に駆られています。
入社時にしっかりと確認できなかった私が反省をしなければならないということもわかっています。
これまで6回転職して、すぐ後悔して、すぐに転職が頭によぎってしまう私はダメな人間なのではないかと考えたり、いつも転職を応援してくれる妻に申し訳ない気持ち、情けない気持ちでいっぱいになります。
そもそも40代で7回目の転職が厳しいということもわかっています。転職を考えている自分が甘ったれなだけだと思い自分を叱咤してみても、前向きになれない自分が情けなく悔しくて毎日気分が落ち込んでる状態です。
何かご助言いただけますと幸いです。
会社員 中村

とことん考え、同じ過ちを繰り返さない

現状を望ましくないと考えており、なおかつ改善の兆しがないのであれば転職を検討するべきでしょう。

この連載の記事一覧はこちら

ただし、なぜそのような状態に自分が陥ってしまったのかをとことん考え、同じ過ちを繰り返さないことができれば、という前提ではあります。

頂戴した文章を拝見するに、中村さんはご家族の気持ちを考えることのできる心優しい方のように見受けられますし、またそのような中村さんを懸命に応援し、ついてきてくれるすばらしい奥様をお持ちのようです。

次ページ転職を応援し続けた妻の気持ちとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。