登校でじんましんが出る息子が見つけた居場所

その子にあう場所はきっとある

こんなに嫌がっているのだから、このまま家に連れて帰ったほうがいいのかもしれない。心のなかで、そう葛藤するのですが、登校時間がすぎて正門が閉まっても、こう着状態が続きます。

すると職員口からかならず副校長先生が出てきて「大丈夫ですから」と言いながら、「行きたくない」と泣き叫ぶチー坊を抱きかかえ、教室に連れて行きます。私は必死に抵抗するチー坊の姿を胸を痛めながら見送っていました。

チー坊の学校では5月に運動会がありました。先生方も「参加させてあげたい」と、一生懸命に力を尽くしてくださいましたが、運動会はチー坊にとって鬼門だったようです。運動会の日が近づくにつれ、夜になると、じんましんが出るようになりました。

じんましんはSOSのサイン

最初は「疲れたのかな」と思い、じんましんが出た翌日は学校を休ませていました。そんなことをくり返していたある日、じんましんが出るのは、決まって学校へ行った日だということに気づきました。これはSOSなのかもしれない……。チー坊の体にSOSが出たことから、夫婦で話し合いを始めました。

赤沼千里さんと生後7カ月ごろの長男。現在は8歳(写真:不登校新聞より転載)

運動会の当日、チー坊は友だちにちょっかいを出して、先生からみんなの前で叱責されていました。好きなプールがある日なら学校に行けるかもしれない。そう思って出席したものの、聴覚過敏があるチー坊は、真横で鳴ったホイッスルの音が嫌で耳をふさぎ、またも先生から叱られました。

チー坊は、みんなと一緒の行動ができない。授業がかんたんすぎてつまらない。知っている字なのに10回も書かないといけない理由がわからなくて、ドリルに取り組まない。学校になじめない理由はたくさんありました。

夫は学校へ行かない選択があってもいいというスタンスで「子どもの意見にも耳を傾けて、子どもの気持ちを大事にしたほうがいい」という意見です。

保育園時代にお世話になった先生に相談すると「合わない場所にいるのは、本人にとっては、はてしなく長い時間だから、大人が思っている以上につらいはず。すぐには見つからないかもしれないけれど、チー坊に合う居場所がかならずあるはずよ」とアドバイスしてくれました。

次ページ「無理なものは無理」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。