ハーバード生は「ダメ出し」を細分化で解決する

怒りや悲しみを起こさず問題解決する方法

ダメ出しをされてしまったときの対処法は4つあります(写真:Ushico/PIXTA)  
日本の公立高校から「ハーバード大学を首席卒業、ジュリアード音楽院も首席卒業」という日本人初の快挙を成し遂げた廣津留すみれさん。その後、バイオリニストとして、起業家として活動する廣津留さんが、「これからの時代を勝ち残る人」の学び方をまとめた『ハーバード・ジュリアードを首席卒業した私の「超・独学術」』を上梓。ハーバード時代に著者が培った、相手からのネガティブな意見をもらったときに、自分のモチベーションを低下させずに論理的に対応する方法とは?

ダメ出しをされたら、理論的に対処する

私は歴史やカルチャーの違いもあり、ハーバードでもジュリアードでも数多くの失敗を経験してきました。その度に何とか乗り越えてきたわけですが、世界各国からいわゆる「エリート」が多く集まる環境にいたこともあり、「他人の失敗」に対しての批判が強烈な人もいました。

私は基本的に「できないものはできない」と認めるタイプなので、あまりひきずりはしませんが、しかし「できないこと」のなかには時折、モチベーションを損なうものがあるのも事実でした。例えば、人からできない部分を指摘される、いわゆる「ダメ出し」です。

このときモチベーションにダメージを与えるのは、こみ上げる悔しさ、もしくは意気消沈、ときには指摘した相手への怒りなどの、ネガティブな感情です。

人はこうした感情にとらわれると、足が止まります。ハーバード生もジュリアード生にも時折、足が止まる人がいます。彼らはえてして「私が絶対正しいのに」と、自己保身とも自己主張ともつかない状態になります。その行きつく先は、「あの人キライ!」という感情。

これは、本来の目的を見失った状態です。本来の目的とは、指摘されたことを踏まえて事態を改善することです。ですから私はこういうとき、感情を押さえることを第一に考えます。

そのうえで、論理的に考えます。相手の指摘を振り返り、どこが的外れで、どこが合っているかを分析します。するとたいてい、「全面的に相手が間違っている」ということにはなりません。冷静に考えれば一理あるな、とも思えるものです。

次ページ仕事でも同じことはよく起こる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT