日経平均は大幅反発、一時上げ幅400円超

米・アジア株高が追い風、東証1部の9割が上昇

 2月18日、東京株式市場で日経平均は大幅に反発。前週末の米国株が大幅高となった流れを引き継ぎ、朝方から幅広い銘柄で買いが先行した。写真は東京証券取引所で昨年2月に撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 18日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅に反発。前週末の米国株が大幅高となった流れを引き継ぎ、朝方から幅広い銘柄で買いが先行した。香港、上海などのアジア株高も安心材料になり、一時上げ幅を400円超に拡大。終値ベースでは昨年12月17日以来2か月ぶりの高値となった。

東証1部全体の約9割の銘柄が上昇する全面高だった。

ランチタイム中、米商務省が通商拡大法232条に基づく自動車関税に関する報告書をトランプ大統領に提出したことが明らかになったが、反応は限定的だった。

トランプ大統領は今後90日間で何らかの判断を求められることになるが、「日米でTAG(物品貿易協定)中は関税を課さないと確認されているほか、米中通商協議の3月1日の期限が延長された場合、日米交渉の日程もさらに後ずれすると考えられる。90日間で日本に対して何か出てくる可能性はそれほど高くないだろう」(岡三アセットマネジメントのシニアストラテジスト、前野達志氏)との声が出ていた。

後場は目立った手掛かり材料が出ず、高値圏でもみあいが続いた。

TOPIXも大幅に反発。東証33業種のすべてが上昇し、上昇率上位には石油・石炭、ゴム製品、鉱業、証券、非鉄金属などが並んだ。

個別銘柄では、ブリヂストン<5108.T>が反発。同社は15日、発行済株式総数の7.6%に当たる5700万株、2000億円を上限に自己株式を取得した上で全株を消却すると発表。需給改善や株主価値の向上に期待する買いが先行した。

一方、ユニオンツール<6278.T>は反落。15日に発表した2019年12月期業績予想で、連結営業利益が前年同期比33%減の28億円と減益を見込んでいることが嫌気された。中国市場でのスマートフォンやメモリ関連市場の不透明な情勢はしばらく続くとみている。

東証1部の騰落数は、値上がり1908銘柄に対し、値下がりが180銘柄、変わらずが41銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      21281.85 +381.22

寄り付き    21217.32

安値/高値   21189.97─21306.36

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1601.96 +24.67

寄り付き     1599.33

安値/高値    1596.08─1603.22

 

東証出来高(万株)119024

東証売買代金(億円) 20425.01

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。